お見舞い お礼状 文例

お見舞い お礼状 文例一覧

ビジネスや日常で使用するお見舞いのお礼状文例のインデックスです。ProPortal文例集では、手紙やメール、ビジネス文書の文例を数多く無料/無登録で提供しています。 掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。
当サイトでは、同様の内容について手紙とメールまた宛先や状況毎に数種類の文例が存在する場合があります。 ご自身がお求めの文例を以下から探してご利用ください。

病気お見舞い お礼状文例(軽微_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(私/我が父ОΟ/妻ОΟ)の(突然の入院/療養/思いもよらない病気)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (多大なお見舞い/お心遣い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(私/我が父ОΟ/妻ОΟ)の(病気入院/療養/病気)で、(ОΟ/皆)(様/さん)(に/にまで)ご心配をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/すみませんでした)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか、(お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/頂戴し)、(たいへん感謝いたしております/ありがとうございました/恐縮いたしております)。
(幸いにして/辛うじて/幸い発見が早く/お陰様で)、(大事にいたらずにすみました/数日の入院で退院いたしました/今は元気になりました/当初よりはかなり良くなってます/今ではОΟもできるくらいに回復しています)。 (しかし/とは言いましても/とは申しても)、(もう少し病院に行くのが遅れていたらと思うと冷や汗がでます/その時は、尋常じゃない痛みに重篤な病気ではないかと心配いたしました)。
今では(元気に仕事に復帰できました/経過も順調です/自宅でゆっくり療養していております/今は快方に向かっております/完全に以前の生活にもどりました/日常生活には全く不便がなくなりました)ので、ОΟ(様/さん)も(ご安心/ご休心/ご心配なされなて)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/入院中は中々自由にならず)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何とぞ/どうか)(ご容赦/お許し)いださい。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

怪我お見舞い お礼状文例(軽微_知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

交通事故お見舞い お礼状文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

療養お見舞い お礼状文例(近況報告_知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

快気報告 お礼状文例(軽微_知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

台風お見舞い お礼状文例(ビジネス_軽微_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

地震お見舞い お礼状文例(知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

風水お見舞い お礼状文例(ビジネス_軽微_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

火事お見舞い お礼状文例(軽微_知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

類焼お見舞い お礼状文例(軽微_知人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

近火お見舞い お礼状文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

事故お見舞い お礼状文例(ビジネス_軽微_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

盗難/犯罪被害お見舞い お礼状文例(ビジネス_軽微_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

8月季節/時候の挨拶

【8月時候の挨拶】
8月上旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
8月中旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
【季節の語】
花火大会/夏祭り/盆踊り/納涼/浴衣/帰省/ラジオ体操/夏休み/夕立/台風
【草木】
朝顔/ひまわり/ゆり/ほおずき/クチナシ
【行事/風物詩】
山の日/長崎原爆忌/広島平和記念日/終戦記念日/お盆/
【暑中見舞い/残暑見舞いの時期】
小暑(2018/7/7)と大暑(2018/7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2018/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2017/8/23)までに送ります。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について