風水害見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方

風水害見舞(甚大_友人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
風水害見舞(甚大_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
今回の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(心配かけてしまし申し訳なかったね/心配しくれてありがとう)。
(お見舞い/品をいただいた場合)
先日の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(お見舞いまで/○○○)を(送ってくれ/いただい)て(ありがとう/とても感謝いたしています/助かったよ。本当にありがとう)。
今度の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻に)は、(驚いた/怖かった/死ぬかと思った/これまでに経験したことのない恐怖を感じた/まさかそんなあんな事が自分を襲うなんて信じられなかった)よ。この(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)で我家も(床上浸水して/瓦や窓カラスが割れてしまって/裏山の一部が崩れて○○が埋まって)(数日は住める状況じゃなかった/今もまだ住める状況じゃないよ/その後片付けを今も続けてるよ/我が家に戻れず近くの親戚宅に身を寄せている状況だよ)。
(でも/多分)、(やっと/今週に入って何とか)(家に戻れる目処が立ったから/片付けもひと段落したから/瓦や窓の修理も終わったから/土砂の片付けがすんだから)少し(安心/ほっと)しているところだよ。だからもう(安心してくれな/心配しなくていいよ)。
こんな状況でもだったから、○○(君/さん)(が心配してくれてるのは分かってたけど/には申し訳なかったけど)、(報告/連絡)が遅れてしまったんだ。(すまなかったね/勘弁してくれな)。
(完全に元の生活に戻ったら、またあらためて連絡するけど/とりあえず/まずは)、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map