風水害見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方

風水害見舞(甚大_親戚)_お礼状文例

風水害見舞(甚大_親戚)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

前略
(叔父様/叔母様/○○さん)におかれましては、当地の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)に際して(早速/早々に/いち早く)(温かいお見舞い/お心遣い/心のこもった励ましのお言葉)をいただき、(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます)。
(お見舞い/品をいただいた場合)
(叔父様/叔母様/○○さん)には、当地の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)に際して、(早速/早々に/いち早く)ご厚情あふれる励ましと(多額のご厚志/お心遣い/援助品/○○○)までも(賜り/頂戴/お送りいただき/いただき)、(厚くお礼申し上げます/たいへん感謝いたしてます)。
(叔父様/叔母様/○○さん)も(報道/テレビ)でご存知のとおり、今回の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)では、(当地はもの凄い雨と風で大きな被害を受け/これまでに経験したことのないもので当地に大きな被害を残し)ました。(幸いにして/何とか)、家族に怪我もなく無事でしたが、家は(床上まで浸水する/瓦や窓カラスが壊れる/土砂が流れ込む/壁が壊れる)など被害があり、(その後片付けを今も続けている状況です/まだ、自宅には住むことができず、近くの避難所に身を寄せています)。
(やっと/来週になると何とか)(自宅に戻れることとなり/片付けもひと段落/屋根や窓の修理が終り)少し(安堵/安心)しています。
(叔父様/叔母様/○○さん)にも、ご心配をおかけしましたが、(何とぞ/もう/どうか)(ご安心ください/ご休心ください)。
(早々にお見舞いをいただいておきながら/このような状況でしたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
(こちらが落ち着きましたら改めてご挨拶をいたしますが/簡単ですが)、(取り急ぎ/まずは)ご報告とお見舞いのお礼をさし上げたした次第です。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(皆様/ご家族の皆様/叔父様)方もくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について