風水害お見舞い お礼状 文例

風水害お見舞い お礼状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

お礼状 風水害お見舞い 文例(軽微_取引先宛)

拝復 〇〇の候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(〇〇/皆)様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(先日/先般)当地を襲った(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)の被害に際しまして、(早速/早々に/いち早く)(ご厚情あふれるお見舞い/お見舞い状)を賜り、(ありがたく厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
または
前略 この度の当地を襲った(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(早速/早々に/いち早く)(ご厚情あふれるお見舞い/お見舞いのお言葉/ご援助)を賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 この度は(先日/先般)当地を襲った(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)の被害に際しまして、(早速/早々に/いち早く)ご厚情あふれるお見舞状と(ご厚志/お心遣い/援助品/〇〇〇)を(賜り/頂戴/お送りいただき)、(厚くお礼申し上げます/深く感謝いたしております)。
報道でもご存知のとおり、当地は多大な被害となりましたが、(何とか/幸いにも)当社(はその被害から免れました/は特に被害もく安堵いたしております)。しかしながら、未だこの辺りでは(その被害の爪痕がいたるろころに残り/随所で混乱も続いていて)、(地域住民/社員)総出で(その後片付けをして/復旧に努めて)いるところです。
当社としては、それが大方片付く(来週早々/〇〇)には通常業務(に戻したいと考えております/に戻す予定です)ので、たいへんご(迷惑/不便)をおかけしますが、今しばらく(お待ち/ご猶予を)いただきたく(存じます/お願いいたします)。
または
当社は、(近日中/明日)には通常(業務/営業/操業)に戻すことができそうなので、どうか、ご(安心/休心/ご心配だれないで)ください。
甚だ(略儀/簡単)ではありますが、取り急ぎお礼かたがたご報告申し上げます。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
〇〇〇〇

株式会社 〇〇〇〇
(役職) 〇〇〇〇様

関連文例一覧

お礼状 風水害お見舞い 文例(甚大_取引先宛)

前略 この度の当地を襲った(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(早速/早々に/いち早く)(ご厚情あふれるお見舞い/お見舞いのお言葉/ご援助/励まし)を賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 この度は(先日/先般)当地を襲った(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)の被害に際しまして、(早速/早々に/いち早く)ご厚情あふれる(お見舞状/励ましのお言葉)と(ご厚志/お心遣い/援助品/〇〇〇)を(賜り/頂戴/お送りいただき)、(厚くお礼申し上げます/深く感謝いたしております)。
(テレビなどで報じられた/〇〇様もご承知の)とおり、当地は(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)により多大な被害を受けております。当社においても、(事務所は床上まで浸水しい今なお作業ができる状態になく/工場の屋根が飛ばされ工場設備にも被害が及び、/倉庫に保管されていた材料が全て使い物にならなくなり)、(この後の対応に苦慮していいるところです/当面生産ができない状況です/後片付けなどで当分は通常営業が困難な状況です)。
(ご心配をおかけしておりますが/ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが/何かとご不便をおかけしますが)、(何卒/どうか)(ご容赦を/この状況を斟酌/お許し)いただきたく、(伏して)お願いいたします。
(今は災害のショックからも立ち直り/いつまでもくよくよもしていられませんので/今はもう)、社員全員が一丸となって(一日も早く/早急に/少なくとも〇〇までには)通常(業務/操業/営業)に戻すべく努力しておりますので、(ご安心/ご休心/ご心配なされませんよう/今しばらくお待ちいただきますよう)お願いいたします。
(こちらが落ち着きましたら改めてご挨拶をさし上げる所存ですが/甚だ略儀ではありますが)、(取り急ぎ、/まずは)ご報告かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたした次第です)。

草 々

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
〇〇〇〇

株式会社 〇〇〇〇
(役職) 〇〇〇〇様

お礼状 風水害お見舞い 文例(軽微_友達宛)

前略 今回の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(心配かけてしまったようで申し訳なかったね/心配してくれてありがとう)。
今度の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻に)は、(驚いた/怖かった/今までに経験したことなかったから怖かった/まさかそんなあんな事が自分を襲うなんて信じられなかった)よ。
(幸運にも/何とか/幸いなことに)(私たち/我が家/俺の家族)(には大きな被害はなかった/は窓ガラスが割れたくらいで大した被害ではなかった/より少し離れたところだったから殆ど被害はなかった)(から/んで)、(安心してください/心配しないでね)。
(とはいえ/だけど)、我が家周辺は(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)のために今でも(グチャグギャになって/あちこちの家が壊れてたりして)いるんで、(家族/地域住民)総出で(後片付けをして/一日も早く普段の生活に戻れるように頑張って)いたから、 (やきもきしてただろうに/心配させてたの)に(報告/連絡)が遅れてしまったよ。(すまなかったね/申し訳なかったね/勘弁してくれよな)。
完全にこちらの片付が済んだらまた改めて電話するけど、とりあえず、私たちの無事の連絡とお見舞いのお礼まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

お礼状 風水害お見舞い 文例(甚大_友達宛)▲

お礼状 風水害お見舞い 文例(軽微_知人宛)▲

お礼状 風水害お見舞い 文例(甚大_知人宛)▲

お礼状 風水害お見舞い 文例(軽微_親戚宛)▲

お礼状 風水害お見舞い 文例(甚大_親戚宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項