類焼お見舞いお礼(親戚宛) お礼状 文例

類焼お見舞いお礼(親戚宛) お礼状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章作成に役立つよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句や文章を選んでご利用ください。

類焼お見舞いお礼 お礼状 文例(軽微_親戚宛)

拝復 〇〇の候、(叔父様/叔母様/〇〇さん)におかれましてはますますご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(我が家/〇〇)の火災に際して わざわざ(温かいお見舞い/励ましのおことば)をいただき、ありがとうございました。
今回の火事では、 (隣の住宅から火が出て我が家の一部を焼ました /何者かが我が隣の住宅の〇〇に火を付けたようです)。 (幸い/辛うじて)、 (大事にまではいたらずにすみました /直ぐに消し止められました)のですが、 (その時は、我が家まで火が燃え広がらないかきがきでありませんでした /今もなんとも酷いことに憤っています)。
いまは火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)も終り、 やっと少し気持ちも落ち着きましたから(叔父様/叔母様/〇〇さん)もご安心ください。
略儀ながら書中をもちましてお礼まで申し上げます。
末筆とはなりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇さん)方におかれましてはくれぐれもご自愛ください。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

関連文例一覧

類焼お見舞いお礼 お礼状 文例(甚大_親戚宛)

冠省 この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際し、 (多大なごお見舞い/お見舞金)までもいただき、厚くお礼申し上げます。 (〇〇〇/お見舞い)は、(ありがたく使わせていただきます/焼失した家電品を買うのに使わせてもらいました)。
今回のことは、我が家の(お隣/真向にある/裏) (〇〇から出火し、家までも類焼の被害を被りました /〇〇に何者かが火を付け、その火が我が家まで焼けてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、 (家の者に/この火災での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。 とはいっても (我が家はほぼ焼失し /家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となくなり)、 (いまは〇〇に仮住まいしいます)。
(経験したこののないことで、これからどのようになうかもよく分かれず、不安で一杯です /家には全く非がないことでこんなことにって憤るばかりです) が、 そのことばかり考えていてもしょうがないですから いまは家族一丸となってこの(苦しい状況/苦境/災難)を (打ち負かす/跳ね返す)んだと強い気持ちを持つようになりまいたので 、(叔父様/叔母様/〇〇さん)にはもうこれ以上ご心配なさらないでください。
また、このような状況でもありましたので、ご報告並びにお礼が遅くなりましたこと、どうかお許しください。
取り急ぎ、お見舞いのお礼まで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項