近火お見舞い お礼状 文例,例文,書き方

近火お見舞い お礼状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶  手紙  ハガキ  封筒  宛名  便箋折り方

近火お見舞い お礼状文例

拝復 ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、(当社/弊社)(近隣の火災/ΟΟ事業所側での小火騒ぎ/近隣における工場火災)に際しまして、(早々に/いち早く)お見舞い(状/のお言葉)を(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度はの(当社/弊社)(近隣の火災/ΟΟ事業所側での小火騒ぎ/近隣における工場火災)におきましては、(早々に/いち早く)お見舞い(状/のお言葉)を(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(当社/弊社)(には被害がなく/まで火が回ることなく)(すみ/鎮火し)、(安堵いたしました/胸をなでおろしました)。 (とは申しましても/しかしながら)、今回の(火事/火災)は、(当社/弊社)(すぐ隣の住宅から火が出て/近くのОΟで火災が発生して/近くのОΟに何者かが火を付けたのが原因で/直ぐ近くのОΟに不届き者が火を付けたのが原因で)、 (もう少し火の回りが早かったら当社も無事ではすまない状況ですした/その時は、火が燃え広がらないかきがきでありませんでした/何故そんな酷いことをするのかと憤るばかりです)。
ご心配をおかけいしましたが、今ではもう(当社/近隣地域/近くの皆様に)も(落ち着かれました/平穏な生活を取り戻され)ましたので、(どうぞ/何卒)、(貴社/貴社の皆様)におかれても(ご安心/ご休心)(くださいませ/いただきたく存じます)。
甚だ(略儀/簡単)ではありますが、書中をもちまして近火見舞いのお礼かたがたご報告申し上げた次第です。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ 様

近火お見舞い お礼状 文例(知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、(当家/我が家)(の近隣での火災/近くの小火騒ぎ/の近隣火災)では、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)をいただき、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております/ありがとうございました)。
または
前略 この度は、(当家/我が家)(の近隣での火災/近くの小火騒ぎ/の近隣火災)に際して、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)をいただき、(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます感謝いたします)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(当家/我が家)(は被害がありません/まで火が回ることはありません)で、(安堵いたしました/胸をなでおろしました)。 (とは申しましても/とはいいましても)、今回の(火事/火災)は、(当家/我が家)(すぐ隣の住宅から火が出て/近くのОΟで火災が発生して/近くのОΟに何者かが火を付けたのが原因で/直ぐ近くのОΟに不届き者が火を付けたのが原因で)、 (もう少し火の回りが早かったら(当家/我が家)も無事ではすまない状況ですした/その時は、火が燃え広がらないかきがきでありませんでした/何故そんな酷いことをするのかと憤っています)。
(ОΟ/皆)様にもご心配をおかけいしましたが、今ではもう(我が家/近隣地域/近くの皆様に)も(落ち着かれました/平穏な生活を取り戻され)ましたので、(どうぞ/何卒)、(ご安心/ご休心)くださいませ。
(簡単ですが/遅くなりましたが)、お見舞いのお礼まで。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

近火お見舞い お礼状 文例(友達宛)

前略 今回は、(家/我が家)(近くの火災/近くの小火騒ぎ/の近隣火災)で(ОΟ/君)にもご心配をおかけて(すまなかったね/申し訳なかったね)。 それに、お見舞い状まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとう/恐縮してるよ)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(僕の家に/我が家)(は被害はなかったよ/までは火は回らないうちに鎮火したん)で、(ホッとしたよ/君も安心してくれな)。
(とはいいましても/でもな)、この(火事/火災)は、(僕の家の/我が家)(すぐ隣の住宅から火が出たから/近くのОΟで火災が発生したから/近くのОΟに何者かが火を付けたから/直ぐ近くのОΟに悪い輩が火を付けたみたいで)、 (もう少し火の回りが早かったら(僕の家/我が家)も無事すまなかった/その時は、火が燃え広がらないかきがきじゃなかったよ/何故そんな酷いことをするかと怒りで一杯だったんだ)。
今じゃもう(我が家/近隣地域/近くの皆様)も(落ち着きを取り戻した/平穏な生活なったから)、(簡単だけど/遅くなったけど)、お見舞いのお礼と報告を(した次第だ/させてもらったよ)。
(最後になったけど/寒くなってきたから/暑い日が続くけど)、(君も/ΟΟさんも)(体/健康)には気を付けなよ。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

近火お見舞い お礼状 文例(親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、(当家/我が家/ΟΟ)の火災に際して、(早々に/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)をいただき、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております/ありがとうございました)。
または
前略 この度は、(当家/我が家)(の近隣での火災/近くの小火騒ぎ/の近隣火災)に際して、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)をいただき、(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます/感謝しています)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(当家/我が家)(は被害がありません/まで火が回ることはありません)でしたので、ご心配をおかけしましたが(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(も/におかれましても)(ご安心ください/ご心配なされないでください/ご休心ください)。
(とは申しましても/とはいいましても)、今回の(火事/火災)は、(当家/我が家)(すぐ隣の住宅から火が出て/近くのОΟで火災が発生して/近くのОΟに何者かが火を付けたのが原因で/直ぐ近くのОΟに不届き者が火を付けたのが原因で)、 (もう少し火の回りが早かったら(当家/我が家)も無事ではすまない状況で/その時は、火が燃え広がらないかきがきでありませんで/なんて酷いことをするのかと憤っていたの)でしたが、 (今では/もう/やっと/何とか)、(我が家/近隣地域/近くの皆様に)も(落ち着きが戻りまし/平穏な生活を取り戻し)ましたので、(簡単ですが/遅くなって申し訳なかったのですが)、お見舞いのお礼かたがたご報告をさしあげ(ました/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項