風水害見舞(軽微_知人)_お礼状文例と書き方

風水害見舞(軽微_知人)_お礼状文例

風水害見舞(軽微_知人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
ΟΟの候、(○○/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は当地の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)による災害に際して、(早速/早々に/いち早く)(ご厚情あふれるお見舞い/お心遣い/ご援助)を賜り、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
または
前略
この度の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)では、(早速/早々に/いち早く)(温かいお見舞い/お心遣い/心のこもったお見舞いのお言葉)をいただき、ありがとうございました。
今回の(集中豪雨/土砂崩れ/竜巻)では、当地は大きな被害を受け、市内随所にその爪痕も残したのですが、(お陰様で/何とか/幸いにも)(私ども/我が家/私ども家族)(には被害はありませんでした/は皆無事でした/は○○程度の被害ですみました/より少し離れたところでした)ので、どうか(ご安心/ご休心)ください。
(とは申しましたも/しかしながら)、我が家周辺は(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)のために(色々な物が散乱していて/あちこちの家が壊れていて/土砂がいたる所に堆積していて)、(家族/地域住民)総出で(後片付けをして/一日も早く普段の生活に戻れるように頑張って)いるところです。
(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でしたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなり(ましたこと深くお詫び申し上げます/申し訳なく思っておりますが、何とぞご容赦くださいませ)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様におかれましてもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について