類焼お見舞い お礼状 文例,例文,書き方

類焼お見舞い お礼状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶  手紙  ハガキ  封筒  宛名  便箋折り方

類焼お見舞い お礼状 文例(軽微_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(当家/我が家/ΟΟ)の火災に際して、(早々に/わざわざ)(ご厚情あふれるお見舞い/お心遣い/励まし)を賜り、(厚くお礼申し上げます/心より感謝いたしております)。
または
前略 この度は、(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ)、ΟΟ様にご心配をおかけし(まして誠に申し訳ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(そのうえ/さらは)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮いたしております/ありがとうございました)。
今回の火事では、(隣の住宅から火が出て当家の一部を焼ました/近くのОΟで火災が発生して家の裏山の一部を焼きした/何者かが当家のОΟに火を付けたようです/隣のОΟに何者かが火を付け、その火が当家の一部を焼きました)。 (幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にまではいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした)のですが、 (もう少し火の回りが早かったらと思うと肝を冷やしました/その時は、我が家まで火が燃え広がらないかきがきでありませんでした/今もなんとも酷いことに憤っています/こんなことをするなんて酷いと憤慨してます)。
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)もおわり、(何とか/やっと)(ホッとしているところなので/少し気持ちも落ち着きましたから/平穏を取り戻しつつありますので)、ОΟ(様/さん)も(ご安心/ご休心/もうご心配されないでください)。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)いただきますようお願い(します/いたします)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ОΟОΟ 様

類焼お見舞い お礼状 文例(甚大_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (多大なお見舞い/お見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(深く感謝しております/たいへん恐縮しております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際し、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/お心遣い/励ましのお言葉)ばかりか(多大なご厚志/お見舞い/ご援助/ご支援)までも(賜り/いただき)、(厚く感謝いたしております/恐縮いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております)。(頂戴した/いただいた/お送りいただいた)(ОΟО/お見舞い)は、ありがたく(使わせていただきます/ΟΟに役だたせていただきました)。
今回の(火事/火災/こと)は、(我が家/当家)の(お隣/真向にある/裏)(ОΟから出火し、家までも類焼の被害を被ってしまいました/ΟΟで火災が発生して我が家も半焼する被害となってしまいました/ΟΟに何者かが火を付け、その火が我が家まで焼失させてしまいました)。 (辛うじて/何とか)、(我が家の者に/この火災での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。
(とは申しましても/しかしながら)、(我が家はほぼ焼失してしまい/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなってしまい/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となってしまい)、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでる状況です/今は、ОΟに仮住まいしております/少し離れたところにアパートを借りて住んでおります)。
(経験したこののないことだけに、今後どのようになうかもよく分かれず、不安で一杯です/家族の中には、未だに火災の恐怖から抜けきれていない者もおります/我が家に非がないことでこのような災難を被り憤るばかりです)が、(今更どうにもならないことなおで/そのことばかり考えていてもしょうがないことなので)、(今は/最近では)家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)んだと強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、ОΟ(様/さん)におかれましても(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終り/仮住まいの手配も整い/今後の補償のこともおおかた決まり)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻しますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何卒)、ОΟ(様/さん)におかれましても(ご安心/ご休心)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ОΟОΟ 様

類焼お見舞い お礼状 文例(軽微_親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(当家/我が家/ΟΟ)の火災に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞い/お心遣い/励まし)をいただき、(厚くお礼申し上げます/ありがとうございました)。
または
前略 この度は、(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にご心配をおかけし(まして申し訳ございません/、心よりお詫び申し上げます)。
(そのうえ/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励まし)までいただき、(ありがとうございました/恐縮いたしています/感謝しています)。
今回の火事では、(隣の住宅から火が出て当家の一部を焼ました/近くのОΟで火災が発生して家の裏山の一部を焼きした/何者かが当家のОΟに火を付けたようです/隣のОΟに何者かが火を付け、その火が当家の一部を焼きました)。 (幸い/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にまではいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした)のですが、 (もう少し火の回りが早かったらと思うと肝を冷やしました/その時は、我が家まで火が燃え広がらないかきがきでありませんでした/今もなんとも酷いことに憤っています/こんなことをするなんて酷いと憤慨してます)。
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)も終り、(何とか/やっと)(ホッとしているところなので/少し気持ちも落ち着きましたから/平穏を取り戻しつつありますので)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)も(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいてて/このような状況でしたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)いただきますようお願い(します/いたします)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

類焼お見舞い お礼状 文例(甚大_親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(思いもよらぬ火災/我が家の火事/我が家を焼失する火災)では、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (過分なお見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(いただき/お送りいただき)、(深く感謝しております/ありがたく感謝しています/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(思いもよらぬ火災に/我が家の火事/我が家の類焼被害)に際し、(多大なごお見舞い/お見舞金/ご援助/ご支援)までも(賜り/いただき)、(厚く感謝いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております/ありがとうございました)。(いただいた/お送りいただいた)(ОΟО/お見舞い)は、(ありがたく使わせていただきます/焼失した家電品を買うのに使わせてもらいまいた)。
今回の(火事/火災/こと)は、(我が家/当家)の(お隣/真向にある/裏)(ОΟから出火し、家までも類焼の被害を被りました/ΟΟで火災が発生して我が家も半焼する被害となりました/ΟΟに何者かが火を付け、その火が我が家まで焼けてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、(家の者に/この火災での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。 (とは申しましても/とはいっても/しかし)、(我が家はほぼ焼失し/家の中は水びたしで多くの物が使えなくなり/家の半分は焼け、住み続けることはできそもない状況となくなり)、(焼け残った所を応急処置で改造して住んでいます/今は、ОΟに仮住まいしいます/少し離れたところにアパートを借りて住んでいます)。
(経験したこののないことで、これからどのようになうかもよく分かれず、不安で一杯です/ΟΟなどは、未だに火事の恐怖から抜けきれてません/家には全く非がないことでこんなことにって憤るばかりです)が、(今更どうにもならないですから/そのことばかり考えていてもしょうがないですから)、(今は/最近では)家族(一丸となって/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)んだと強い気持ちを持つように(しましたので/なりまいたので)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)には、もう(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終って/仮住まいの手配もできて/今後の補償のこともおおかた決まって)、(何とか/やっと)(少し落ち着きを取り戻てますので/普段の生活に戻りつつありますので)、(どうぞ/何卒)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)も(ご安心/ご休心)ください。
(また/それと)、(お見舞いをいただいておきながら/このような状況でもありましたので)、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなりましたこと、(何卒/どうか)(ご容赦/お許し)ください。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

類焼お見舞い お礼状 文例(軽微_友達宛)

前略 この度は(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ)、(ОΟ/君)にもご心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。 それに、(お見舞い/お心遣い/励まし)まで(いただき/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。
今回の火事は、(隣の住宅から火が出て家の一部を焼ました/近くのОΟで火災が発生して家の裏山の一部を焼いたんだ/誰がまだ分かってないだが、誰かが家のОΟに火を付けたようだ/隣のОΟに誰かが火を付け、その火が家の一部も焼いだんだ)。 (幸い/辛うじて/発見が早くて/ご近所の方のお陰で)、(大事にはいたらなくてすんだ/直ぐに消し止められた/小火程度のだった)んですが、 (もう少し火の回りが早かったら家も危なかった/その時は、家まで火が燃え広がるんじゃないかときがきではなかったよ/何で家なのか考えれば考えるだけ、また恐怖と不安が蘇るよ/こんな酷いことするなんて許せないと思ってるよ)。
今は、(何とか/やっと)火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)も終り、(ホッとしているところだから/少し気持ちも落ち着いたから/平穏を取り戻しつつあるから)、(ОΟ/君)も(安心してくれ/もうご心配しないでくれ)。
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/こんな状況だったから)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなってしまい(申し訳なかったね/許してくれな/勘弁してくれな)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

類焼お見舞い お礼状 文例(甚大_友達宛)

前略 この度は、(思いもよらないこと/我が家の火事/我が家の類焼被害)では、(ОΟ/君)にまで心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まいましたね。本当にすみませんでした)。 それに、(お見舞い/沢山の援助)まで(いただき/送ってもらい/もらい)、(感謝してます/ありがとうございました/恐縮してるよ)。ありがたく(いただいとくよ/使わしてもらうよ)
今回の(火事/火災/こと)は、(我が家/当家)の(お隣/真向にある/裏)(ОΟから出火して、俺の家までも焼けてまいました/ΟΟで火事がおきて我が家も半焼する被害となりました/ΟΟに誰かが火を付けて、その火が我が家まで焼けてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、(僕の家族に/この火事での)(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いだった(が、/。でもな/。とはいっても/。しかし)、(我が家はほぼ全焼し/家の中は水びたしだし、多くの物が使えないし/家の半分は焼け、住める状況じゃなく)、今は(焼け残った所を応急処置で改造してなとか住んでるよ/ΟΟに仮住まいすることになってるよ/少し離れたところにアパートを借りて住んでるよ)。
(こんなこと経験したこないから、これからどのようかと不安で一杯だ/子供達は、まだ火事の恐怖が残っている/俺には、何も悪いとことはないのにこんな事になって、悔しくて仕方ない)けど、(今更どうにもならないですから/そのことばかり考えていてもしょうがないですから)、最近では家族(力を合して/皆が)この(苦しい状況/苦境/災難)を(打ち負かす/跳ね返す/乗り越える)ようと(頑張ってる/励まし合うようにしれる)よ。だから、(ОΟ/君)も(安心してくれ/心配しないでくれ)。
または
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証も終って/仮住まいの手配もできて/今後の補償のこともおおかた決まって)、(何とか/やっと)(少し落ち着いてきたから/普段の生活に戻りつつあるから)、(ОΟ/君)も(安心してくれ/心配しないでくれ)。
(また/それと)、(お見舞いをもらっておきながら/このような状況だったんで)、(報告/お礼/報告とお礼)が遅くなったこと、(勘弁してくれな/許してくださいね)。
(簡単だ/遅くなった)けど、お見舞いのお礼まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

類焼お見舞い お礼状 文例(軽微_取引先宛)

拝復 ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ/当社の火災/弊社ОΟ事業所の小火騒ぎで)、(貴社/ΟΟ様)にご心配をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
または
前略 この度は(思いもよらぬことで/不届き者のなしたこととはいえ/当社の火災/弊社ОΟ事業所の小火騒ぎで)、(貴社/ΟΟ様)にご心配をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(そのうえ/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております)。
今回の(火事/火災)では、(お隣の住宅から火が出て当社事業所の一部を焼ました/近くのОΟで火災が発生して当社の一部を焼きした/何者かが当社のОΟに火を付けたようです/お隣のОΟに不届き者が火を付け、その火が当社の一部を焼きました)。
(幸いにして/辛うじて/発見が早く/ご近所の皆様のお陰で)、(大事にまではいたらずにすみました/直ぐに消し止められました/小火程度のものでした)のですが、 (もう少し火の回りが早かったらと思うと肝を冷やしました/その時は、当社まで火が燃え広がらないかきがきでありませんでした/今もなんとも酷いことに憤っております/何故このような酷いことをするのかと憤慨しております)。
今は、火事の後片付け(や警察と消防の現場検証)も終り、(何とか/やっと)(安堵いたしておりますので/落ち着きを取り戻しましたので/通常の業務ができるようになりましたので)、(どうぞ/何卒)、(貴社/貴社の皆様)におかれても(ご安心/ご休心)ください。
なお、ご不便をおかけしましたが昨日より通常(業務/営業/操業)に戻すことができましたので、今後とも(お引き立て/変わらぬご愛顧/ご厚誼)を賜りますようお願いいたします。
甚だ(略儀/簡単)ではありますが、書中をもちましてお礼かたがたご報告申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ 様

類焼お見舞い お礼状 文例(甚大_取引先宛)

拝復 ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(思いもよらぬ隣接ОΟからの火災による当社ОΟの焼失/当社の火災/弊社ОΟ事業所の類焼被害)に際しまして、(貴社/ΟΟ様)には(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか (多大なお見舞い/お見舞い/お見舞いの品/援助品)まで(頂戴いたし/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は(思いもよらぬ隣接ОΟからの火災による当社ОΟの焼失/当社の火災/弊社ОΟ事業所の焼失)に際しまして、(貴社/ΟΟ様)には(温かいお見舞状/お心遣い/励ましのお言葉)ばかりか(過分なお見舞い/ご援助/ご支援)を(頂戴/賜り/いただき)、(厚く感謝いたしております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております/ありがたく厚く感謝いたしております)。頂戴した(ОΟО/お見舞い)は、ありがたく(使わせていただきます/ΟΟに役だたせていただきました)。
今回の(火事/火災/こと)は、当社(隣接の/隣の/ΟΟ事業所の真向かいにある)(ОΟから出火し、ОΟ事業所までも類焼の被害を蒙ってしまいました/ΟΟで火災が発生してОΟ工場が半焼する甚大な被害となってしまいました/ΟΟに何者かが火を付け、その火が当社事業所まで焼失させてしまいました)。
(辛うじて/何とか)、(従業員/当社社員も含めてご近所の方)に(死傷者/怪我人)が出なかったことだけが不幸中の幸いでした。
(とは申しましても/しかしながら)、(建物の被害は甚大でどうしたものかと思案するばかりで/未だ通常業務ができる状況でもなく)(貴社/皆様/お客様)にもご(迷惑/不便/不安な思い)をおかけしておりますこと、(心より/衷心より/伏して)お詫び申し上げます。
(今後のことは/操業開始時期/業務再開については)、まだ(定かではありません/流動的です/どうなるかわかりません)が、社員(一丸となって/一同)この(苦境/災難)に(打ち勝つ/跳ね返す)(覚悟をいたしております/所存であります)ので、何卒、今後とも(倍旧/変わらぬ)の(ご支援/ご愛顧/ご協力)を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
または
今は、(火事の後片付けや警察と消防の現場検証/仮事業所の手配/業務再開の段取り)も(終り/整い)、(何とか/やっと)(落ち着きを取り戻しましたので/通常の業務ができるようになりましたので)、(どうぞ/何卒)、(貴社/貴社の皆様)におかれても(ご安心/ご休心)ください。
なお、ご不便をおかけしましたがΟΟより(通常/従前とおりとはいきませんが)(業務/営業/操業)が開始できる運びとなりましたので、今後とも(倍旧の/変わらぬ)(ご愛顧/ご厚誼/ご支援)を賜りますよう宜しくお願いいたします。
甚だ略儀ではございますが、書中をもちましてお礼かたがたご報告申し上げ(ます/た次第です)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項