お礼状 地震お見舞い 文例,例文,書き方

お礼状 地震お見舞い 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

お礼状 地震お見舞い 文例(知人宛)

前略 (ΟΟ様/ΟΟさん)(におかれましては/には)、当地を襲ったОΟ地震に際(して/しまして)、(温かい/温情溢れる)(お見舞い/お心遣い/励ましのお手紙)をいただき、(誠に/心より)ありがとうございました。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 (ΟΟ様/ΟΟさん)(におかれましては/には)、当地を襲ったОΟ地震に際(して/しまして)、ご厚情あふれるお見舞状並びに(多額のご厚志/お心遣い/援助品/ΟΟО)までも(賜り/頂戴/いただき)、心より(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(ご心配をされておられる/報道で伝えられている)とおり、この度の地震では(ここら辺り全域で激しい揺れにみまわれ/我が家でも立っていられないくらいの激しい揺れを感じ/震度Оの揺れを感じ)ました。
(被害が無かった場合)
(幸い/不幸中の幸いで/何とか/間一髪)(我が家の者は皆無事/我が家は、棚の物が幾つか落ちた程度ですみまた)(が/。とは申しましても)、最初の揺れの後、電気やガスが止まり、余震も続いていましたので、避難所にО日程身を寄せていました。
(被害があった場合)
(我が家でも棚の物が落ち、ガラス窓の大半が割れてしまいました/幸い家の者に怪我などはありませんでしが、家の中は割れたガラスで危険な状態でした/被害の状況を書く)。(やっと/何とか)余震の心配も遠のき我が家に戻ったとき、(地震の怖さが改めて思い出されて身震いしました/無残なその様子に愕然とさせられました/今に崩れそうな様子に皆が無事であったただけでも良しとしなければと思いました)。
今では、(くよくよしていても仕方がないと/私たちにはどうしようもできなかったことと)(気持ちを切り替え/諦め)て、(早期の復興を目標に/先を見据えて)皆元気に進んでいこうと(決心いたしました/覚悟しています)ので、(ΟΟ様/ΟΟさん)も(ご心配なさらないでください/ご休心ください/ご安心ください)。
このような状況でもあり、ご(報告/連絡)並びにお見舞いのお礼が遅くなりましたこと、どうかご容赦ください。
または
こちらが落ち着きましたら、改めてご挨拶させていただきますが、(取り急ぎ/まずは)ご報告かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたした次第です)。
(時節柄/末筆ではありますが)、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛ください。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

お礼状 地震お見舞い 文例(友達宛) ▼

お礼状 地震お見舞い 文例(親戚宛)▼

お礼状 地震お見舞い 文例(軽微/取引先宛)▼

お礼状 地震お見舞い 文例(甚大/取引先宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項