地震お見舞い お礼状 文例

地震お見舞い お礼状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

地震お見舞い お礼状 文例(知人宛)

前略 (〇〇様/〇〇さん)(におかれましては/には)、当地を襲った〇〇地震に際(して/しまして)、(温かい/温情溢れる)(お見舞い/お心遣い/励ましのお手紙)をいただき、(誠に/心より)ありがとうございました。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 (〇〇様/〇〇さん)(におかれましては/には)、当地を襲った〇〇地震に際(して/しまして)、ご厚情あふれるお見舞状並びに(多額のご厚志/お心遣い/援助品/〇〇〇)までも(賜り/頂戴/いただき)、心より(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(ご心配をされておられる/報道で伝えられている)とおり、この度の地震では(ここら辺り全域で激しい揺れにみまわれ/我が家でも立っていられないくらいの激しい揺れを感じ/震度〇の揺れを感じ)ました。
(被害が無かった場合)
(幸い/不幸中の幸いで/何とか/間一髪)(我が家の者は皆無事/我が家は、棚の物が幾つか落ちた程度ですみまた)(が/。とは申しましても)、最初の揺れの後、電気やガスが止まり、余震も続いていましたので、避難所に〇日程身を寄せていました。
(被害があった場合)
(我が家でも棚の物が落ち、ガラス窓の大半が割れてしまいました/幸い家の者に怪我などはありませんでしが、家の中は割れたガラスで危険な状態でした/被害の状況を書く)。(やっと/何とか)余震の心配も遠のき我が家に戻ったとき、(地震の怖さが改めて思い出されて身震いしました/無残なその様子に愕然とさせられました/今に崩れそうな様子に皆が無事であったただけでも良しとしなければと思いました)。
今では、(くよくよしていても仕方がないと/私たちにはどうしようもできなかったことと)(気持ちを切り替え/諦め)て、(早期の復興を目標に/先を見据えて)皆元気に進んでいこうと(決心いたしました/覚悟しています)ので、(〇〇様/〇〇さん)も(ご心配なさらないでください/ご休心ください/ご安心ください)。
このような状況でもあり、ご(報告/連絡)並びにお見舞いのお礼が遅くなりましたこと、どうかご容赦ください。
または
こちらが落ち着きましたら、改めてご挨拶させていただきますが、(取り急ぎ、/まずは)ご報告かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたした次第です)。
(時節柄/末筆ではありますが)、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛ください。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例一覧

地震お見舞い お礼状 文例(友達宛)

前略 (〇〇君/〇〇さん)、(温かい/励ましの)(お見舞状/手紙/メッセージ)本当にありがとう(ございました)。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 (〇〇君/〇〇さん)、今回の地震では(温かい/励ましの)(手紙/メッセージ)ばかりか、(お見舞い/援助品/〇〇〇)まで(送ってくれて/いただき)、本当に(ありがとうう/感謝いしてます)。
(〇〇君/〇〇さん/君)も(知ってるとおり/テレビで見たとは思うけど)、ここら辺は今度の地震で(ものすごい揺れでした/凄い揺があって、我が家でも立っていられないくらいだったよ)。
(被害が無かった場合)
(幸い/何とか/間一髪)(我が家は皆無事だった/我が家は棚の物が落ちただけですんだ)よ(、だけど/。とは言っても)、最初の揺れから電気やガスが止まって、余震も続いてたから、〇日間は避難所に(いたよ/いました)。
(被害があった場合)
我が家は、(棚の物が落ちてガラス窓が大半割れたよ/幸い怪我をした者いなかったけど、家の中はガラスが割れ、テレビや棚も倒れてぐちゃぐちゃになったよ/被害の状況を書く)。今(やっと/何とか)余震の心配もなくなって家に戻って、(また地震の恐怖が改めて思い出されてるよ/無残なその様子に愕然とさせられたよ/今にも崩れそうな家の様子に、皆が無事であったただけでも良しとしよううと思ってるよ)。
(取りあえず/今更)、(くよくよして/残念がって/口惜しがって)ばかりもしていられないから、(気持ちを切り替え/元気を出し)て、一日も早(い復興を目標に/く元の生活に戻るように)皆で頑張ってるから、もう(心配しなくてもいいよ/心配ないからね/安心してくれ)。
こんなな状況だから、(報告/連絡)とお見舞いのお礼が遅くなって(申し訳なかった/すまなかった)。勘弁してくれな。
こっちが落ち着いたらまた連絡するよ。
または
こっちが落ち着いたら、改めて連絡するけど、(取りあえず/まずは)近況の報告とお見舞いのお礼まで。
それじゃまた。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

地震お見舞い お礼状 文例(親戚宛)

前略 (叔父様/叔母様/〇〇さん)(におかれましては/には)、当地を襲った〇〇地震に際(して/しまして)、(早速/早々に/いち早く)(温かいお見舞い/お心遣い/励ましのお手紙)をいただき、ありがとうございました。
(お見舞い/品をいただいた場合)
前略 (叔父様/叔母様/〇〇さん)(におかれましては/には)、当地を襲った〇〇地震に際(して/しまして)、ご厚情あふれる励ましのお手紙ばかりか(お見舞い/お心遣い/援助品/〇〇〇)までも(賜り/頂戴/いただき)、心より(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(ご心配をされている/報道で伝えられている)とおり、今回の地震では(ここら辺り全域が激しい揺れにみまわれ/我が家でも立っていられないくらいの激しい揺れを感じ)ました。
(被害が無かった場合)
(幸い/不幸中の幸いで/何とか)(家族の者は皆怪我もなく無事/我が家は、棚の物が幾つか落ちた程度ですみまた)(が/。そうは言いましても)、最初の揺れの直後は、電気やガスが止まり、いつまた大きな余震がくるかも分からなかったので、数日間は近くの小学校に避難していました。
(被害があった場合)
(我が家は、棚の物が殆ど落ちて、ガラス窓も大半割れました/幸い家の者に怪我はありませんでしが、家の中はテレビや棚が倒れてしまいました/被害の状況を書く)。(やっと/何とか)余震も心配なくなったので家に戻ってきましたが、(無残なその様子に愕然とさせられています/今に崩れそうな我が家を改めて見て、皆が無事であったただけでも良しとしとようと思うばかりです)。
今はもう、(くよくよしても仕方がないので/気持ちを切り替えて)(早期の復興を目標に/一日も早く元の生活に戻れるように)家族全員が力を合わせていこうと思えるようになりましたので、(叔父様方/叔母様方/〇〇さん)も(ご心配なさらないでください/ご休心ください/ご安心ください)。
このような状況でしたので、ご(報告/連絡)とお見舞いのお礼が遅くなりました。どうか(お許し/ご容赦/ご勘弁)ください。
または
こちらがもう少し落ち着きましたら、改めてご報告も兼ねてご挨拶いたしますが、(取り急ぎ/まずは)近況のご連絡かたがたお見舞いのお礼(を申し上げます/いたしました)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(皆様/ご家族の皆様/叔父様)方もくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

地震お見舞い お礼状 文例(軽微/取引先宛)▲

地震お見舞い お礼状 文例(甚大/取引先宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項