療養見舞(重篤報告_友人)_お礼状文例と書き方

療養見舞(重篤報告_友人)_お礼状文例

療養見舞(重篤報告_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
この度は、(私/僕/俺)の(父/妻/○○)の(病気/怪我/入院)で、(○○/君)にまで心配をかけてし(まい申し訳ないね/本当にすみません)。
(また/それに/そのうえ)、(お見舞状/わざわざ病院にまで来てもらった)ばかりか(お見舞い/お見舞いの品)まで(もらい/いただき/送ってくれて)、(感謝してます/本当にありとう/心からお礼をいうよ)。
(父/妻/○○)の(病状/容態/状態)は(今のところ/まだ)(小康状態のまま/予断を許さない/良いとはいえない/重篤たと医師から伝えられてる)けど、(僕は/俺たちは/私/私たちは/家族全員)(回復するものと信じてる/優秀な医療スタッフが揃った病院でもあり、必ずや回復すると信じてる)から、 (○○/○○君/お前)も(今のところ/当面は/まずは)(安心してくれ/これ以上心配ないでいいからね)。
または
(残念ながら/未だ)(父/妻/○○)の(病状/容態)は(小康状態だけど/予断を許さないが/良いとはいえないが)、(俺も/僕たちも/家族全員)(万一のこととはないと強く信じて/望は捨ててないで/如何にか一命はとりとめると信じて)、(一心に祈ってる/懸命に看護を続けてる)から、 (○○/○○君/お前)も(祈といてくれたらありがたいよ/○○の回復を信じててくれな)。
(また/それと)、お見舞いをもらっておきながら、報告が遅くなって(申し訳なかったな/すまなかったね)。
(とても簡単だけど/取り急ぎ)、お見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について