事故お見舞い お礼状 文例

事故お見舞い お礼状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

事故お見舞い お礼状 文例(軽微_取引先宛)

拝復 〇〇の候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(〇〇/皆)様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(私どもの不始末/思いもよらぬこと/当社〇〇事故/当社〇〇事業所の〇〇事故/当社の〇〇流失事故/当社〇〇現場の崩落事故)で、(貴社/〇〇様)にご(心配/不安/迷惑/不便)をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/まして全くもって面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(お見舞い状/温かいお言葉/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
または
前略 この度は(私どもの不始末/思いもよらぬこと/当社〇〇事故/当社〇〇事業所の〇〇事故/当社の〇〇流失事故/当社〇〇現場の崩落事故)で、(貴社/〇〇様)にご(心配/不安/迷惑/不便)をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/まして全くもって面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
今回の(事故/こと)は、(お恥ずかしいことで/当社の安全管理の不備で弁解の余地は無く/明確な原因が判明しておりませんが)、(〇〇の不始末/作業手順の徹底がなされていなかったこと/少しの油断/何らかのミスがあったの)が原因(でありました/だとみらてれいます/ではないかと考えます)。
事故(は/では)、(幸いにして/辛うじて/懸命の救助で/消防の的確な対処で)、(大事にいたらずにすみました/怪我人もでませんでした/被害はありません/損失は限定的でした/実質的な損害はありませんでした)が、 (多くの方にご迷惑をおかけし/貴社にもご心配をおかけし/一時近隣地域の方々が避難する騒ぎとなっ/お騒がせし)てしまい(深く反省しております/深くお詫び申し上げます)。
(事故後直ちに/当社として)、再度このような(こと/事故)を起こさないよう(作業員全員に対して安全教育を実施いたしました/改めて作業手順の再点検/新たな安全マニュアル策定にとりかかりました/〇〇の徹底をはかりました)ので、(どうか/何卒、)(ご容赦のほど/ご寛容のほど/お許しいただきますよう)伏してお願いいたします。
なお、何かとご(不便/迷惑/心配)をおかけしましたが昨日より通常(業務/営業/操業)に戻すことができましたので、今後とも(お引き立て/変わらぬご愛顧/ご厚誼)を賜りますようお願いいたします。
甚だ略儀ではありますが、まずは書中をもちましてお礼かたがたご報告申し上(た次第です/ました)。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
〇〇〇〇

株式会社 〇〇〇〇
(役職) 〇〇〇〇 様

関連文例一覧

事故お見舞い お礼状 文例(甚大_取引先宛)

拝復 〇〇の候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(〇〇/皆)様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(私どもの不始末/思いもよらぬこと/当社〇〇事故/当社〇〇事業所の〇〇事故/当社〇〇現場の崩落事故)で、(貴社/〇〇様)にご(心配/迷惑/不便)をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/たこと、心よりお詫び申し上げます/まして全く面目ございません)。
(そのうえ/また)、(お見舞い状/温かいお言葉/励ましのお言葉)までいただき、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/たいへん恐縮いたしております)。
または
前略 この度は、(私どもの不始末/思いもよらない事故/当社〇〇事故/当社〇〇事業所の〇〇事故/当社の〇〇流失事故/当社〇〇現場の崩落事故)で、(貴社/〇〇様)にご(心配/迷惑/不便)をおかけし(まして誠に申し訳なく存じます/まして全く面目ございません/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(そのうえ/また)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)までいただき、(恐縮至極に存じます/たいへん恐縮いたしております)。
今回の(事故/こと)は、(全くもってお恥ずかしいことで/当社の安全管理の不備で弁解の余地は無く/明確な原因はこれから究明することとなりますが)、(〇〇の不始末/作業手順の徹底がなされていなかったこと/少しの油断/何らかのミスがあったの)が原因(でありました/だとみらてれいます/ではないかと考えられてます)。
(いずれにしても/原因がいかなるものであろうと)、(多くの方にご迷惑をおかけし/貴社にもご心配をおかけし/一時近隣地域の方々が避難する騒ぎとなっ/お騒がせし)てしままいたこを(深く反省しております/伏してお詫び申し上げます)。
(今後のことは/操業開始時期/業務再開については)、まだ(定かではありません/流動的です/どうなるかわかりません)が、社員(一丸となって/一同)(信頼回復/安全管理の徹底)に努める(覚悟をいたしております/所存であります)ので、何卒、今後とも(倍旧/変わらぬ)の(ご支援/ご愛顧/ご協力)を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
または
今は〇〇の後片付け(や警察と消防の現場検証も/仮事業所の手配も/業務再開の段取り代替設備の設置も/新たな安全管理マニュアルも/徹底的な設備の再点検を)(終り/整い/完了し/実施し)、昨日より通常(業務/営業/操業)に戻すことができましたので、今後とも(お引き立て/変わらぬご愛顧/ご厚誼)を賜りますようお願いいたします。
甚だ略儀ではありますが、まずは書中をもちましてお礼かたがたご報告申し上(た次第です/ました)。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
〇〇〇〇

株式会社 〇〇〇〇
(役職) 〇〇〇〇 様

事故お見舞い お礼状 文例(軽微_知人宛)

拝復 〇〇の候、(〇〇/皆)(様/さん)におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家〇〇の〇〇事故/〇〇〇)で、(〇〇/皆)(様/さん)にも(ご心配/ご心労)をおかけしてしまい(申し訳ございませんでした/心よりお詫びいたします/すみませんでした)。
(また/さらには/それに)、(温かいお見舞状/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/もらい)、(感謝いたしております/ありがとうございました/たいへん恐縮いたしいます)。
または
前略 この度は、(我が家の不始末/思いもよらぬこと/当家〇〇の〇〇事故/〇〇〇)で、(早々に/いち早く/わざわざ)お見舞い(状/のお言葉)を(いただき/もらいまして)、(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます/感謝してます)。
今回の(事故/こと)は、(全くお恥ずかしいことですが我が家の者の不始末で、弁解の余地もありません/ちょっとした気の緩みでした/当家の者が少し油断したのが原因でした)。
(幸いにして/辛うじて/懸命の救助で/〇〇の的確な対処で)、(大事には至りませんでしたので/怪我人も出ませんで)、(ホッとしています/安堵しています/胸をなでおろしました)。 (とはいい/とは申し)ましても、(多くの方々にご迷惑をおかしてしまい/〇〇さんにまでご心配をおかけし/ご近所の方々にご避難ませさせてしまい/世間をお騒がせしてしまい)(深く反省しております/深くお詫び申し上げます/たいへん申し訳なく思っています)。
(今では/何とか/やっと)、(我が家/近隣地域/ご近所の皆様)にも(落ち着が戻りました/平穏な生活となりました)ので、(〇〇/皆)様(におかれましても/にも)(どうか/何卒)、(ご安心/ご休心)くださいませ。
(簡単ですが/遅くなりましたが)、お見舞いのお礼(と/方々)ご報告(申し上げました/をさし上げた次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(〇〇/皆)(様/さん)方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/草々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

事故お見舞い お礼状 文例(甚大_知人宛)▲

事故お見舞い お礼状 文例(軽微_友達宛)▲

事故お見舞い お礼状 文例(甚大_友達宛)▲

事故お見舞い お礼状 文例(軽微_親戚宛)▲

事故お見舞い お礼状 文例(甚大_親戚宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項