風水害見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方

風水害見舞(軽微_友人)_お礼状文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
風水害見舞(軽微_友人)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
今回の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)では、(心配かけてしまったようで申し訳なかったね/心配してくれてありがとう)。
今度の(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻に)は、(驚いた/怖かった/今までに経験したことなかったから怖かった/まさかそんなあんな事が自分を襲うなんて信じられなかった)よ。
(幸運にも/何とか/幸いなことに)(私たち/我が家/俺の家族)(には大きな被害はなかった/は窓ガラスが割れたくらいで大した被害ではなかった/より少し離れたところだったから殆ど被害はなかった)(から/んで)、(安心してください/心配しないでね)。
(とはいえ/だけど)、我が家周辺は(集中豪雨/水害/土砂崩れ/竜巻)のために今でも(グチャグギャになって/あちこちの家が壊れてたりして)いるんで、(家族/地域住民)総出で(後片付けをして/一日も早く普段の生活に戻れるように頑張って)いたから、 (やきもきしてただろうに/心配させてたの)に(報告/連絡)が遅れてしまったよ。(すまなかったね/申し訳なかったね/勘弁してくれよな)。
完全にこちらの片付が済んだらまた改めて電話するけど、とりあえず、私たちの無事の連絡とお見舞いのお礼まで。

早々

平成 年 月 日

ΟООΟ
〒000-0000 ○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000

-スポンサードリンク-

お礼状文例と書き方

各種お見舞のお礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お見舞_お礼状

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map