依頼状(社外_日程変更の依頼/お願い)メール文例と書き方

依頼状(社外_日程変更の依頼/お願い)メール文例

依頼状(社外_日程変更の依頼/お願い)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(日程変更のお願い/ご訪問日変更のお願い/打ち合わせ(日/の時間)程変更のお願い/○○の件)


○○株式会社
○○部ΟΟ様
 
平素、お世話になっております。
○○株式会社の○○です。
 
(さて/早速ながら)、○月○日午後○時に予定しておりました (○○の打ち合わせ/ご訪問の件/ミーティング)ですが、(恐縮がなら/誠に申し訳ありませんが、もし可能であれば(○(日/時)/来週○日/○日以外)にご変更(いただけないかご相談でメールいたしました/させていただけませんでしょうか)。
実は、(急な用件で明日より○○への出張せざるを得ません/○○でその日どうしても(お伺いできません/都合がつかなくなってしまいました)。(一度、スケジュールを決定して/ΟΟ様には、(無理をいって/お忙しい中)お時間を頂戴しておきながら、このようなことをお願いしますこと、深くお詫び申し上げます。
(誠に恐縮であり/恐れ入り)ますが、(○日以降で再度お時間を頂戴できまます日を取っていただきますよう/○日の週であればいつでも結構ですので、ご検討の程よろしく)お願い申し上げます。
○○の(日程/時間)変更のお願いまで申し上げます。
 
または
 
さて、本日メールしましたのは、(明日の/○日)の(打ち合わせ/ミーティング)の件です。
(実は、/急に)抜けられない(○○/会議)が入ってしまい、お伺いすることができなくなりました。
(つきましては/大変申し訳ございませんが/誠に恐縮でありますが)、(来週○月○日/○)にご変更いただ(けますようお願い申し上げます/くことは可能でしょうか)。 (ご変更が難しい/ご都合が悪い)ようであれば、ΟΟ様のご(都合のよい日をいくつか候補として上げて頂戴できれば/予定をお聞きかせいただければ)幸いです。
勝手なお願いで(申し訳ないのです/誠に恐縮ではございます)が、何卒(よろしく/ご検討の程よろしく)お願い申し上げます。
取り急ぎ、○○の(日程/時間)変更のお願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について