依頼状(社外_再アポの依頼/お願い)メール文例と書き方

依頼状(社外_日程変更の依頼/お願い)メール文例

依頼状(社外_再アポの依頼/お願い)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(次回(お打ち合わせ/ミーティング)日程調整のお願い/デモ実施のお願い/(技術/詳細説明/ご面会)のお願い/ご依頼の件/○○の件)


○○株式会社
○○部ΟΟ様
 
平素、お世話になっております。
○○株式会社の○○です。
または
○○株式会社の○○です。
先日は、ご引見いただきまして、厚くお礼申し上げます。
 
さて、先般の(ご面談で/お打ち合わせで/ご訪問の折に)(即答できませんでした/仰せつかる/ご要望のありました)(○○の詳細(説明/データ)/デモ実施/○○)の(準備が整い/ご用意ができ)ましたので、ご連絡をさし上げました)。
つきましては、(ΟΟ様のご都合の良い日に/(来週辺りで/○日と○日のいずれかで)、ご都合のよろしい日がありましたら)再度ご訪問をさせていただきたく、存じます。その折には、(デモ機も持参しますので、実機をご覧いただけるよういたしております/設計の者も同行しますので、より詳細な説明にもお応えでくると存じます)。
ご多忙中とは存じます、何卒、お時間を頂戴いただけますようお願い申し上げます。
まずは、先日のお礼かたがたお願いまで申し上げます。
 
または
 
早速でありますが、先般の(お打ち合わせで/ミーティングで/ご訪問の折に)(ペンデングとなっておりした/宿題とさせていただいた/社内で検討させていただくことにして)○○の件(の準備が整いまいた/が、上司の了解がとれました/のご回答が整いました)ので、(お打ち合わせ/ご訪問)をさせていただきたく存じます。
私としましては、(来週辺りで/○日と○日のいずれかで)、お伺いしたと考えておりますが、ΟΟ様のご都合いかがでしょうか。
恐れいりますが、ご都合をご返信いただけますようお願いいたします。
取り急ぎ、次回(お打ち合わせ/ミーティング)日調整のお願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について