お茶会/趣味の会等(不特定多数宛_一般)の案内状文例と書き方

お茶会/趣味の会等(不特定多数宛_一般)の案内状文例

お茶会/趣味の会等(不特定多数宛_一般)の案内状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 (ΟΟの候/○○な季節を迎え)、皆様方におかれましては益々ご(清祥/健勝)のこととお慶び申し上げます。
または
拝啓 時下ますますご(清祥/清栄)のこととお慶び申し上げます。 日頃は、(○○茶道教室/○○茶道会)の活動(に毎々のご厚情/へのご支援)を賜りまして厚くお礼申し上げます。
 
さて、(恒例となりました(○○園秋の/春の)お茶会を下記のとおり催す(ますことをご案内申し上げます/運びと相成りなりました)。
または
さて、この度(○○茶道教室/○○の会)では、(○○フェスティバルにおきまして/○○園の○○にて)(お茶会/句会/○○大会)を開催いたします。
または
さて、私ども(○○茶道教室/○○の会)は、○○先生のご指導のもと(腕を磨いまいおりますが/日々研鑽を積んでまいりまいたが)、(このほど/来る○月○日)(その成果を披露する機会を得ました/お茶会を催し、皆な様にお茶の楽しみを満喫いただく、存じます)。
 
今回(は、(春のお茶会用に特注した/○○屋の)茶菓子もご用意させていたいだいており/の○○会では、○○をテーマにより多くの皆様にも楽しんでいただけますようしゅこうをこらしております/)ので、皆様(お誘い合わせて/お繰り合わせ)のうえ(ご来場/お越し)いただければ(幸い/幸甚)に存じます。
または
(お茶会/○○の会)は、○○で来る○月○日、○時から○時まで催します。
(休日の一時/ご多忙中とは存じますが)、(ご家族の皆様/お友達)もお誘いいただき、(お越し/ご来園)くださいますようお願い申し上げます。
 
(右/○○)ご案内まで申し上げます。
または
略儀ながら、書中をもちまして(お茶会/○○の会)のご案内を申し上げます。

敬 具

平成Ο年Ο月吉日

(お茶会/○○の会)代表
ΟООΟ  

 1.日時 Ο月Ο日(Ο)Ο時〜Ο時
 2.会場 (○○劇場お茶室/○○園)
 3.住所 ○○市○○Ο丁00番地
 4.交通 JR○○線ΟΟ駅下車北口より徒歩00分
 5.参加料 大人 000円/子供 000円

招待状文例と書き方

各種招待状の文例と書き方一覧と招待状関連コンテンツです。

招待状文例一覧

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について