病気療養お見舞いメール 文例と書き方

病気療養お見舞いメール 文例(両親宛)

病気療養お見舞いメール 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

件名:(お見舞い申し上げます/(お父様/お母様)のお加減はいかがでしょうか/お早いご回復をお祈りいたしております)


(お父様/お母様)
 
ご無沙汰して(申し訳ございません/おります)。ОΟです。
 
(先日/この前お伺いした時/ΟΟさんからのお電話で/ΟΟさんからお伺いしたところ)、(持病のΟΟが悪化された/体調を崩された/お風邪をひかれた)とお聞しておりましたので、心配(しております/でおメールいたしました)。(お加減の方/その後/体調の方)は、いかがでしょうか。
 
いつもお元気にされてる(お父/お母)様ばかりみておりましたので、たいへん驚き、(少し無理でもなさった/少しお疲れになった/季節の変わり目の)ためなのかと(案じて/心配を募らして)おります。
 
(お父様/お母様)には、もっと多くの(ことを教えていただきたい/楽しい時間を過ごしていただきたい/孝行をさせていただきたい)ので、くれぐれも(お身体をお大事に/ご自愛/病気の療養に専念)されますようにお願いいたします。そして、私たちは、皆で(お父/お母)様の(ご健康/ご回復)を心からお祈りいたします。
 
本来なら直ぐにでもお見舞いにお伺いすべきところですが、(仕事の都合もあり/そうもいきませんので/中々帰省もできません)ので、(まずは/取り急ぎ)メールにてお見舞い申し上げます。
 
または
 
直ぐにでもお見舞いにお伺いしたいですが、そうもできませんので、お見舞いの品を別送しました。どうぞお受け取りください。
 
(まずは/取り急ぎ/不躾ではありますが)、メールにてのお見舞い申し上げますこと、何とぞお許しください。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

病気療養お見舞いメール 文例(親戚宛) ▼

病気療養お見舞いメール 文例(知人宛) ▼

病気療養お見舞いメール 文例(友達宛) ▼

病気療養お見舞いメール 文例(上司宛) ▼

病気療養お見舞いメール 文例(同僚宛) ▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について