病気 お見舞い状 文例,例文,書き方

病気 お見舞い状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

病気 お見舞い状 文例(重篤_親戚宛)

前略 (叔父様/叔母様/ΟΟさん)、今の(お加減/体調/怪我の具合/リハビリの調子)はいかがですか。
(ΟΟさんの話によると/母に聞いたところでは)、 (叔父様/叔母様/ΟΟさん)(のご病気は完治には少しばかり時間がかかる/は、今もまだΟΟのまま/は、辛いリハビリを頑張っている)とのことですね。 (私たち皆が/僕たちも)(叔父様/叔母様/ΟΟさん)のご回復を心がらお祈りしておりますので、 どうか(病気は治ると信じられて/弱音なんかお吐きにならず/絶対に病気に打ち勝つという強い信念をお持ちになって)治療に専念されてください。 (叔父様/叔母様/ΟΟさん)ならこの(苦境/状況/辛さ)を(絶対に/必ずや)克服なさると信じてます。
本来は、直ぐにでもお見舞いにお伺いすべきところですが、(病室をお騒がせ/療養のお邪魔)してはと思いご遠慮いたします。このお手紙が少しでも治療の励みになれば幸いです。
(私達皆で/僕も/私も)(叔父様/叔母様/ΟΟさん)が、良くなることをお祈り申し上げます。
または
本当なら直ぐにでもお見舞いにお伺すべきですが、(病室をお騒がせ/療養のお邪魔を)しては申し訳ございませんので、お見舞い(の品)は別便でお送りしました。ぞうぞお受け取りください。
ご容態が良くなられたらお見舞いにもお伺いしたいと思います。それまでは、(私達皆で/僕は/私は)(叔父様/叔母様/ΟΟさん)が早く元気になるようにお祈りいたしております。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

関連文例/例文一覧

手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

病気 お見舞い状 文例(親戚宛)

前略 (今日/昨日/先日)、ΟΟさんから(電話があって/連絡を受けて)(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)が(病気で/倒れられて)(入院し/病院に担ぎこまれ)たと聞きまして(耳を疑うほどに/たいへん)驚きました。
(幸い/一時は意識不明の重体だったようですが)、(大事には至らなかったとのことなので/手術は成功したとのことなので/命に別状がないとのことで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一安心/安堵)いたしました。(その後の経過/今のお加減)はいかがでしょうか。
(お聞きしたところ/ΟΟさん)によると(突然の倒れた/以前から患っていたΟΟが急に悪化した/一時は意識不明にまでなった)とのことで、ご家族の皆さんもさぞやご心配されたことでしょうね。 (この上/今/この際)は、何はともあれ(ご養生/ご療養)に専念されてください。私達(も陰ながら/には何もできませんが)、(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)の一日も早い(ご回復/全快)を心からお祈りいたします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へもお伺いしようとは思っておりますが、まずはお手紙にてお見舞をい申し上げます 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(知人宛)

前略 (本日/昨日/ΟΟの折)、ΟΟさんから(君/あなた/ΟΟさん)が入院されたと知らされて、たいへん驚きました。
聞くとところによると(手術は成功して経過も順調/大事には至らなかった/今は回復に向かっている)とのことで、(ひとまずは/とりあえずは/一)安心しました。
(君/あなた/ΟΟさん)は、いつも忙しそうだったから、日頃の疲れが出たのではないでしょうか。 (この際は/これをいい機会として)、(十分な休養をとり/ゆっくり静養して)、一日も早く(全快/回復)できるようにお祈りします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へも行こうとは思っていますが、まずは(お手紙/書中)でお見舞い申し上げます 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(重篤_知人宛)

前略 (ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)、今の(お加減/調子/お怪我の具合)はいかがでしょうか。
(ΟΟさんにお伺いしたところ/お聞きしたところ) (ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)(のご病気は完治には時間がかかる/は、今もまだΟΟのまま/は、辛いリハビリを頑張っている)とのことでしたが、 (私たち皆が/僕たちも)(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)のご回復を心がらお祈りしておりますので、 どうか(病気は治ると信じられて/弱音なんかお吐きにならず/絶対に病気に打ち勝つという強い信念をお持ちになって)治療に専念されてください。この(苦境/状況/辛さ)を(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)なら克服できると皆が信じおります。
本来は、直ぐにでもお見舞いにお伺いすべきところですが、(病室をお騒がせ/療養のお邪魔)してはと思いご遠慮いたしますが、このお手紙が少しでも励みになれば幸いに思います。
(私達皆で/僕も/私も)(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)が、良くなることを祈ってますから、早く元気なお顔を見せてください。
または
本当なら直ぐにでもお見舞いにお伺いしたいのですが、(病室をお騒がせ/療養のお邪魔を)してはいけませんので、お見舞い(の品)は別便でお送りしました。遠慮なくお受け取りください。
ご容態が良くなられたらお見舞いにもお伺いしたいと思います。それまでは、(私達皆で/僕は/私は)(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ様)が早く元気になるようにお祈りいたします。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(友達宛)

前略 (今日/昨日/ΟΟの時)、ΟΟ(君/さん)から(君/あなた/お前)が入院していると知らされて(驚い/びっくりし)たよ。
聞いたところでは(手術は無事成功して経過も順調/大事には至らなかった/今はもう回復に向かっている)とのことだったから、 (ひとまずは/とりあえずは/一)安心したよ。
それにしても、(君/あなた/お前)は、(頑張りすぎだ/全力投球だ/手をぬかない)からな、(疲れが出/無理し)たんじゃないか。 (君/あなた/お前)のことだから入院中も(仕事/会社/家/子供)がなんやかんや(気になる/心配になる)だろうけども、 (この際/これもいい機会だと思って)、(仕事/会社/家/子供)のことはひとまず忘れて、(十分に休養/ゆっくり静養/療養)したほうがいいよ。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ/今週末に)病院にいくつもりだけど、(それまでには/ちゃんと)お医者さんの言うことを聞いて元気になっててくれよ。
まずは、お見舞いまで 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(重篤_友達宛)

前略 (ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ)、(病気で/大怪我をして)今もまだ(入院/療養/リハビリ)してるらしいね。その話を聞いて(私達皆で/僕は/私は)驚いたし、とても心配してうるよ。今の調子は(どうだい/どうですか)。
(ΟΟ君/ΟΟさん/ΟΟ)に聞いたところでは、(君/お前/あなた)の病気は、(たいへん難しい/療養にかなり時間がかかる/肉体的にかなり辛い/リハビリにも時間がかかる)らしいな。 だけど、自分を支えてくれる(家族/奥様/奥さんや子供たち)のためにも、 (病気は治ると信じられて/弱音なんか吐かずに/絶対に病気に打ち勝つという強い信念を持って)今は治療に専念してくれな。この(苦境/状況/辛さ)を(君/お前/あなた)なら克服できると皆が信じているからな。
本来は、直ぐにでもお見舞いに行きたいたいところだが、(病室を騒がせ/療養の邪魔)をしてはと思い手紙を書いたんだけど、これを少しの励みにしてくれ。
(私達皆で/僕も/私も)(君/お前/あなた)が、良くなることを祈っとくから、早く元気な顔を見せてくれよな。
その日を首を長くして待っとくよ。
または
本当なら直ぐにでもお見舞いに行きたいたいだけど、(病室を騒がせ/療養のお邪魔)したらいけないだろうから、今は遠慮したよ。お見舞い(の品)は別便でお送ったんで受け取ってくれ。
少し良くなったら見舞いに行くから連絡くれよ。それまでは、(私達皆で/僕は/私は)(君/お前/あなた)の回復を祈っとくから。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(取引先宛)

(急啓/冠省) (本日/過日/ただ今/今朝ほど)、(ΟΟ様より承り/営業担当より報告があり) 貴社のΟΟ社長様がご病気のため、ご入院(されてた/されている)と知り、 (たいへん/突然のことに/思いもよらぬことに)驚いております。
((心から/謹んで)お見舞い申し上げます/詳しいこともわからず(案じて/心配し)ております)。
または
(入院後/今)は、(経過も順調で/病状も安定して)ご(回復/快方)に向かわれていると(ΟΟ様/貴社社員の方)からお伺いし、胸をなでおろした次第です。

(常々/日頃/平素)、(ご壮健/お元気)なご様子でしたから、病院暮らしは何かとご(苦労/苦痛/不自由/不便)もあろうかとお察しいたしますが、 (この上は/この際は)、(養生専一/ご療養)に努められ、一日もの早く(お元気/全快/ご回復/ご復帰)されますよう(心より/衷心より)お祈りいたしております。
(近く/面会が叶うのであれば)お見舞いに伺いいたしたく存じますが、取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。

早々/不一

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長 ОΟОΟ

病気 お見舞い状 文例(取引先担当宛)

前略 本日、貴社にお伺いしましたところ、ΟΟ様がご病気で入院されたとお聞きして、たいへん驚いております。 日頃から、ご多忙なお姿を拝見しておりましたので、(お疲れが出たのではないか/ご無理をなさったのではないか)と(案じて/心配/拝察)いたしております。
(このうえは/これをいい機会として)、(十分な休養とられ/ゆっくり静養され/ご養生に専念され)、一日も早いくご回復されますよう、心よりお祈り申し上げます。
本来は、お伺いしてお見舞い申し上げるべきところですが、養生が何より大切と存じ、別便にて心ばかりのお見舞いの品をお送りいたしました。私どもの気持ちとして遠慮なくお納めください。
取り急ぎ、お見舞いで 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ОΟОΟ
ОΟОΟ

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

病気 お見舞い状 文例(上司宛)▼

病気 お見舞い状 文例(重篤_上司宛)▼

病気 お見舞い状 文例(同僚宛)▼

病気 お見舞い状 文例(重篤_同僚宛)▼

病気 お見舞い状 文例(遅出_親戚宛)▼

病気 お見舞い状 文例(遅出_知人宛)▼

病気 お見舞い状 文例(遅出_友達宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項