見舞状(交通事故_親戚宛)文例と書き方

見舞状(交通事故_親戚宛)文例

見舞状(交通事故_親戚宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(今日/昨日/先日)、ΟΟさんから(電話があって/連絡を受けて)(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)が交通事故(に遭って/で)入院したと聞きたいへん驚いきました。
(幸い/一時は意識不明の重体だったようですが)、(大事には至らなかったとのことなので/手術は成功したとのことなので/命に別状がないとのことで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一安心/安堵)しましたが、 (その後の経過/今のお加減)はいかがですか。
(お話に/ΟΟに)よるとたいへんな事故だったとのことで、ご家族の皆さんも含めてさぞや(心配/不安な思いを)されたことでしょうが、 (今/この上/この際)は、何はともあれ完治に向けて(治療/療養)に専念されてください。 私達(も陰ながら/には何もできませんが)、(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)の一日も早い(回復/全快)を心からお祈りいたします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へもお伺いしようとは思っておりますが、まずはお手紙にてお見舞をい申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について