見舞状(病気見舞_友人)文例と書き方

見舞状(病気見舞_友人)文例

見舞状(病気見舞_友人)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(今日/昨日/ΟΟの時)、ΟΟ(君/さん)から(君/あなた/お前)が入院していると知らされて(驚い/びっくりし)たよ。
聞いたところでは(手術は無事成功して経過も順調/大事には至らなかった/今はもう回復に向かっている)とのことだったから、 (ひとまずは/とりあえずは/一)安心したよ。
それにしても、(君/あなた/お前)は、(頑張りすぎだ/全力投球だ/手をぬかない)からな、(疲れが出/無理し)たんじゃないか。 (君/あなた/お前)のことだから入院中も(仕事/会社/家/子供)がなんやかんや(気になる/心配になる)だろうけども、 (この際/これもいい機会だと思って)、(仕事/会社/家/子供)のことはひとまず忘れて、(十分に休養/ゆっくり静養/療養)したほうがいいよ。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ/今週末に)病院にいくつもりだけど、(それまでには/ちゃんと)お医者さんの言うことを聞いて元気になっててくれよ。
まずは、お見舞いまで 。

早々

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について