見舞状(怪我_上司宛)文例と書き方

見舞状(怪我_上司宛)文例

見舞状(怪我_上司宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
(今日/昨日/今朝)、課長からΟΟ(部長/専務)が(大けがをして/怪我をして/不届き者に怪我を負わされて) (入院された/病院に担ぎこまれ)とお聞きして、たいへん驚きました。
幸い(大事には至らず/手術は成功したとのこと/ΟΟの怪我だけだったとのこで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一)安心しました。(その後の経過/今のお加減/痛みのほう/怪我の具合)はいかがですか。
(聞いたところ/ΟΟさん/課長)によると(突然の/一瞬の/命の危険すらある/たいへんな/意識を無くすほどの)(出来事/事故)だったとのことで、その胸中お察しいたします。 今は、何はともあれ怪我の完治に向けて治療に専念されてください。
または
(入院後/今)は、(経過も順調で/容態も安定して)ご(回復/快方)に向かわれていると(ΟΟ課長/奥様/ΟΟさん)からお伺いし、(胸をなでおろし/ひとまずは安心いたし)ました。 (この上は/この際は)、何はともあれ(養生専一/ご療養)に努められ、一日もの早く(ご完治/ご回復/ご復帰)されますよう、心からお祈りいたしております。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へもお伺いいたしまですが、まずはお手紙でお見舞い申し上げます 。

早々

平成 年 月 日

株式会社 ОΟОΟ
営業部 ОΟОΟ 又は 一同


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について