お世話になったお礼(部署異動_元上司宛)文例と書き方

お世話になったお礼(部署異動_元上司宛)文例

お世話になったお礼(部署異動_元上司宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓 ΟΟの候、○○(部長/課長)には、益々ご(健勝/活躍)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(○○部への転籍/異動)に関しましては、(ご高配/人事へお口添え/○○部長へご推薦)を賜り、心よりお礼申し上げます/ご(迷惑/苦労)をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした)。
お蔭さまをもとまして、晴れて(○月より○○部への異動の内定をいただきました/先日、○○部に着任いたしました)。
○○部では、私が希望していた○○ができるとのことで、大変嬉しく思っております。それもことも○○(部長/課長)の(ご口添え/ご配慮)のお蔭てであることを肝に銘じ、精一杯努力しまいる所存であります。
甚だ略儀ながら書中をもちましてお礼とまで申し上げます。
 
または
 
前略 今回の(異動/転籍)では、○○(部長/課長)には、(お力添えをいただき/いろいろお世話になり)、ありがとうございました。
先日、(人事/○○)から来月から○○部勤務の内示がありました。
 
それも○○(部長/課長)が、人事部とかけあってくれたお蔭と感謝しています。
これからは、自身で望んだ○○の仕事ですから益々努力して会社に貢献していきたいと思っております。
または
○○(部長/課長)には、私のために人事部や○○部の部長にまで再三働きかけをしていただけたとのことで、深く感謝いたしております。
このうえは、このご恩に報いるためにも○○部で(一生懸命/一意専心)で努力してまいる所存でありますので、今後ともご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
 
ご迷惑でなければ、○○(部長/課長)には、今後とも変わらぬご(指導、ご鞭撻/厚情)を賜りますようお願い申し上げます。
取り急ぎ、お礼とまで申し上げます。

敬 具/早 々

平成Ο年Ο月Ο日

○○部○○課 ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
  (役職) ΟООΟ様


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について