お世話になったお礼状(災害時の手伝_部下/同僚宛)メール文例と書き方

お世話になったお礼状(災害時の手伝_部下/同僚宛)メール文例

お世話になったお礼状(災害時の手伝_部下/同僚宛)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(今日は、本当にありがとう(ございました)/(先日/昨日)のお礼/○○のお礼)


 ΟО (さん/君/役職)
 
(部署/ΟО)ООです。
 
今回の(水害/台風/○○)では(皆さん/○○さんたち)に大変お世話になりありがとうございます。
または
ΟО(さん/君/役職)、(今日/昨日)は、ありがとうござい(ます/ました)。
 
お蔭で(何とか○○できるまでになりました/あらかた片付けがすみました)。
または
皆さん(に来ていただいた/が、お手伝いに来てくれた)お蔭で(何とか○○できるまでになりました/あらかた片付けがすみました)。
または
(休みを返上して/にもかかわらず)、(私/私たち)のために(きついこと/体力を使う作業)をしてもらい、心から感謝してます。
または
家族ともども深く感謝して(います/おります)。
改めて心からお礼申し上げます。
 
災害とはいえ、皆さんにご迷惑をおかけして本当に申し訳なく思っていますが、あのような状況ですので、どうか(勘弁/許して)ください。
または
もう少し仕事に出るのは先になりそうです。重ね重ねご迷惑ばかりかけて本当に申し訳ございませんが、(どうか/○○/私の担当の○○を)よろしくお願いいたします。
または
何かお礼がしたいから(落ち着いたら飲みにでもいきましょう。また連絡します/今度時間を作ってくさいね)。
または
(さん/君/役職)の(優しさ/好意)に心から感謝します。これから(もよろしく頼むよ/も何かあった時はまたもよろしくお願いします)。
 
取り急ぎ、(本日/先日)のお礼まで。
または
ΟО(さん/君/役職)方の(力添え/協力/ご好意)に感謝します。
本当にありがとうございました。
 
*************************
      署名
*************************


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について