推薦状 書式

推薦状 書式/文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

推薦状 書式/文例/例文と書き方

(相手方の氏名、会社でれば役職も記載)
株式会社 ОΟОΟΟ
ОΟОΟ(役職)
ОΟООΟО 様

<推薦者の表示>
令和Ο年Ο月Ο日
株式会社ΟООΟ
代表取締役社長
ΟООΟ 
電話***-****-****

 <時候の挨拶>
 拝啓 ΟΟの候、貴社/貴学ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 拝啓 ΟΟの候、ΟΟ様におかれましてはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
 など
 <本文>
 さて、本日は私/我社と親しくお付き合い/取引のあるΟΟさん/ОΟО株式会社をご紹介いたしたく、筆を取った次第です。
 実は、この度お手紙しましたのは、・・・・・・をΟΟさんにご紹介/推薦いたすためです。
 など
 続けて
 ОΟО君/株式会社ОΟОは、私/私どもとは、長い付き合いで・・・・・
 長所、特徴、アピールポイントなど書く
 <推薦者の個人的感想やその他の情報>
 社長のΟΟさんは、少しばかりワンマンなところはありますが、私の感想は、豪快で仕事には熱心という印象です。
 ΟΟ君のお父様は、彼が15才の時病気でお亡くなり、その後はお母様を助けるためにアルバイトをする一方で、高校での成績は常にトップクラスだったそうです。
 <本文結び>
 ご多忙中とは存じますが、一度ОΟОの担当者ΟΟとお会いいただく機会をいただければ幸いです。
 何卒、ΟΟ君と面談していただけますようお願い申し上げます。
 ご承諾いただけるのであれば、私にご連絡をいただけますようお願いいたします。
 後日、ご連絡さし上げます。/ΟΟより、連絡させます。
 <結び>
 今後の貴社のご発展をお祈り申し上げます。
 ΟΟ様のますますのご発展とご活躍をお祈りいたしております 。

敬 具

- ▲ [クリック-表示/非表示] -

推薦状の書き方▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項