講師依頼 依頼メール 文例

講師依頼 依頼メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

講師依頼 依頼メール 文例


件名:(講演のお願い/講師依頼の件)


〇〇〇(会社名)
(役職)〇〇〇〇様
 
(ホームページ/facebook)をみてメールいたしました。
〇〇〇〇株式会社(総務部/〇〇部)の〇〇と申します。
弊社は〇〇で〇〇業を営んでいる会社です。
 
(ホームページ/facebook)に〇〇様は講演の依頼を受けられるとありましたので、 (不躾ながら/この度)メールいたしました。
 
来る〇月〇日に私どもの(会社が主催するセミナー/安全大会/〇〇) が開催することが決まり、(是非ともご講師を依頼したいと考えております/ご都合がよければご講演していただけないかの相談です)。
今回の(セミナー/安全大会/〇〇)は、(〇〇を記念してし開催いたします/毎年恒例の行事です。昨年は、〇〇の〇〇様に依頼しました)。
 
講演の要領は以下のとおりますので、お手数ですがお引き受けいただけるかのお返事をいただければ幸いです。
 
まずは、講演のお願いまで申し上げます。
 
1)講演内容
 1.〇〇開催日
  令和〇年〇月〇日
 2.開催時間
  〇時〜〇時
2)講演内容概要
 1.タイトル(仮)
 「・・・・」
 2.講演時間 0時間程度
 3.講演料 0000円
3)問い合わせて窓口
 〇〇部〇〇課 担当〇〇
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
4)添付資料
 1.昨年「〇〇」パンフレット
 2.弊社会社概要
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

講演依頼 依頼メール 文例


件名:(講演のお願い/講師依頼の件)


〇〇〇〇(様/先生)
 
〇〇〇〇株式会社(総務部/〇〇部)の〇〇と申します。
弊社は〇〇で〇〇業を営んでおります。
 
この度は、〇〇(様/先生)の書籍を(愛読/拝読)して(いるだけで面識はありませんが/おりまが)、 私どもの〇〇で(先生/様)に(ご講演していただけ/講師ををお願いで)ないかと、メールいたしました。
 
弊社では〇月〇日に〇〇を開催する運びとなり、是非とも〇〇先生に「〇〇」のテーマでご講演をしていただきたく、ご連絡を差し上げました。
 
講演の要領は以下のとおりますので、内容をご検討いただき、お返事をいただけますようお願いいたします。
 
〇〇(先生/様)には、何かとご多用の折、誠に恐縮ではありますが、何卒ご受諾をいただけますようお願い申し上げます。
 
1)講演内容
 1.〇〇開催日
  令和〇年〇月〇日
 2.開催時間
  〇時〜〇時
2)講演内容概要
 1.タイトル(仮)
 「・・・・」
 2.講演時間 0時間程度
 3.講演料 0000円
3)問い合わせて窓口
 〇〇部〇〇課 担当〇〇
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
4)添付資料
 1.昨年「〇〇」パンフレット
 2.弊社会社概要
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項