暑中見舞い(個人用)の書き方

私的な暑中見舞いの書き方

暑中見舞い(個人用)の書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
1.暑中見舞いの挨拶
暑中見舞いの「暑中」とは、「小暑」と「大暑」の間をいいます。
よって、正式には「暑中見舞い」は2013年の場合、「小暑」(7/7),から「大暑」(7/23)に送る季節のご挨拶ではありますが、一般的には、「立秋」(8/7)までの間は「暑中見舞い」として送られます。
もし、気になるか方は、「大暑」〜「立秋」の期間に出す場合、「猛暑のおうかがいを申し上げます」とすると良いでしょう。
1)暑中見舞いの詞
暑中見舞い申し上げます
暑中お伺い申し上げます
盛夏お伺い申し上げます
猛暑のおうかがいを申し上げます
2)相手方への敬いの詞(省略も可)
ΟΟ先生におかれましては、ますますご壮健のことと存じます。
皆様におかれましては益々ご壮健のことなによりに存じます。
猛暑が続いておりますが、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
ΟΟ様には、ますますご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
ΟΟ様には、いよいよご(健勝/活躍)のこととお慶び申し上げます。
 
2.挨拶以降の文章
プライベートの暑中見舞いではでは、挨拶の後に相手の安否を問うおたり、日頃のご無沙汰を詫びることば、自身の近況など書きます。
1)相手(の安否を問う/へのご無沙汰を詫びる)
梅雨が明けたとたんに、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
すっかりご無沙汰しておりますが、ご家族の皆様はお変わりありませんか。私たちは元気にしております。
ご無沙汰してますが、お元気にされてますか。私はいつも元気印です。
すっかりご無沙汰ですが、皆様お変わりございませんか。
寝苦しし日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日頃は、何かとお世話になりましてありがたく存じます。
日頃は、何かとお心遣いをいただきありがとうございます。
日頃は、公私共にお世話になりましてありがとうございます。
平素は、公私共にご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
平素は、大変お世話になり心よりお礼申し上げます。
 
2)自身や家族の近況などを伝える(省略も可)
我家は、皆元気に暮らしております。
僕の方は、すこぶる元気です。
私たち家族は皆とても元気にしております。
お陰さまで、私どももつつがなく過ごしております。
私たち家族は皆とても元気です。特に子供たちは毎日(部活/○○)に頑張っています。
長男○○は、○○に熱中していて真黒に日焼けしています。長女○○は、来年の受験に向けてやっと勉強に本腰を入れ始めました。
実は、(夏休みに/最近彼女ができて、夏の休暇に二人で)○○に行く予定を立てています。
私たちは暑さにも負けず、元気にしておりますので、(ご安心/ご心配なさらないで)ください。
 
3.お中元の送付の連絡やお礼等々用件(必要がある時に記載)
1)お中元を送る
まだまだ暑さ厳しい折ですので、冷やして食べられるお素麺を別送いたしました。どうぞ皆様でお召し上がりください。
本日、お世話になっているΟΟ様への感謝の気持ちを込めまして、ささやかですがお中元の品を別送いたしました。どうぞご受納ください。
本日、日頃のご(厚誼/温情)への感謝のしるしに、(粗菓/粗品/粗果/お中元)を別便にてお送りしましので、どうぞ、ご笑納ください。
2)お中元のお礼
さて、この度は結構なお中元の品を頂戴しまして、誠にありがとうございました。
毎々のお心遣いに恐縮するばかりです。
この度は、ご過分なお言葉と結構なお中元の品をお送りいただき、誠にありがとうございました。
私こそ、ΟΟ様にはお世話になってておりますのに、このようなお心遣いを賜り、恐縮するばかりです。
3)今後のご交誼、ご指導をお願いする
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 。
今後ともこれまで同様のご(交誼/厚情/指導)を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
今後とも(ご助言/ご指導)の程よろしくお願い申し上げます。
今後ともこれまで同様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
まだまだ未熟な私ではありますが、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
若輩ものの私どもではありますが、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
 
4.暑中見舞いの結び文章
結びは、相手の健康や活躍を(祈る/願う)ことばや相手を思いやることばで結ぶのが一般的です。
暑い日つづきですが、体調を崩されませんようご自愛ください。
これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
これからまだまだ暑い日が続くようです。皆様くれぐれもお大事にお過ごしください。
夏も本番、これからも暑い日がつづくようです。くれぐれもご自愛ください。
中々お会いすることができませんが、夏ばてに気を付けてお元気にお過ごしください。
仕事一辺倒だけじゃなくて、そろそろ彼女でも作って一緒に楽しもうぜ。
お前も忙しいだろうが、体にはお気をつけて仕事頑張れよ。
あなたも体にお気をつけて、仕事頑張ってください。
皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛ください。
暑さ厳しき折ですが、皆様くれぐれもご自愛ください。
猛暑の折ですが、皆様におかれましてはくれぐれもご自愛ください。
暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。
暑さ厳しき折、皆様がお元気にお過ごしになりますことを祈りいたします。
暑さ厳しき折、貴社の皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げます。
まずは、暑中のお見舞いを申し上げます。

Posted: 2013 - Updated: 6/28/2013


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

暑中見舞い文例と書き方

各種暑中見舞いの文例と書き方一覧と暑中見舞い関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について