引退報告/引退慰労会(近親者/知人/友人) 案内状 文例

引退報告/引退慰労会(近親者/知人/友人) 案内状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

引退慰労会 招待状 文例(本人主催_近親者宛)

(叔父様/叔母様/〇〇様)へ

〇〇な季節となりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
さて、この度私は、(〇月〇日で/今年で/今月末をもっつて)(長男に後を継がせることにしました/後継に事業を引き継ぐことにしました/現役を引退して後は、第二の人生を歩むことにいたしました)。
(〇の頃から〇年、苦労もしましたが何とか家業を続けてきて、現役から退くのは些かの寂しさを感じてます/大過なく〇〇を続けてこれて安堵いたしております/後は、〇〇がしっかりやってくれると思いますので安心して、楽隠居できると楽しみにしています)。
(とは申しましても/しかしながら)、(振返ってみれば/顧みれば)ここまで〇〇を続けてこれたのも(皆様/親戚の皆様/多くの方々)の(ご厚誼の賜物/(温情/恩情/ご支援)あってのこと)と(心得/感じ/思い)、改めてまして(深く感謝の意を表したく存じます/お礼を申し上げたいと思っております)。
つきましては、(〇〇様/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、来る〇月〇日(〇曜日)ご都合がつくようであれば(来て/お越)いただ(けないかと/きたく)ご案内を(申し上げました/さし上げた次第です)。
まずは、(〇〇)引退ご案内とお願いまで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

 日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
 場所 〇〇〇ホテル 〇〇の間
    住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を〇〇(000-000-0000)へ〇月〇日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

関連文例一覧

引退慰労会 招待状 文例(家族主催_近親者宛)

(叔父様/叔母様/〇〇様)へ

〇〇な季節となりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
さて、この度(私の〇〇/父の〇〇)が、(〇月〇日で/今年で/今月末をもっつて)(長男に後を継がせることにしました/後継に事業を引き継ぐことになりました/現役を引退して後は、第二の人生を歩むことになりました)。
(長らく/長い間/若い頃から)(身を粉にして働いた/家業の発展に尽くしてきた/一代でここまで事業を大きくしてきた)〇〇の(苦労を労い/偉大さを讃え)(盛大に/ささやかですが)私たちでお祝いを(してあげたい/しよう)と思います。
当日は、〇時より(我が家/拙宅/下記)でささやかな(お食事/祝宴/料理/宴席)を(準備し/用意し/整え)ますので、ご一緒に〇〇の(苦労を労って/第二の人生の門出をお祝いして)いただければ(幸いです/嬉しいです)。
まずは、(〇〇)引退ご案内とお願いまで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

 日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
 場所 〇〇〇ホテル 〇〇の間
    住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を〇〇(000-000-0000)へ〇月〇日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

引退報告 招待状 文例(知人/友達宛)

(拝啓/謹啓) 〇〇の候、(〇〇/皆)様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度私は(〇月〇日で/今年で/今月末をもって)(家業である〇〇を後継に引き継ぐこといたしました/事業の第一線から引退し、第二の人生を歩むことしました/〇〇は長男〇〇に任せ、現場から退くことにしました)。
(〇の頃から〇年、苦労もしましたが何とか家業を続けてきて、現役から退くのは些かの寂しさを感じてます/大過なく〇〇を続けてこれて安堵いたしております/後は、〇〇がしっかりやってくれると思いますので安心して、楽隠居できると楽しみにしています)。 (とは申しましても/しかしながら)、(振返ってみれば/顧みれば)ここまで〇〇を続けてこれたのも(皆様/多くの方々/〇〇様はじめ、多くの方々)の(ご厚誼/温情/恩情/ご支援)の賜物であり、お礼を申し上げたいもに今後(も変わらぬご厚誼を賜ります/は長男〇〇をご指導いただける/も〇〇をご愛顧いただける)ようお願いしたく存じます。
つきましては、(〇〇様/〇〇さん/皆様)には、何かとご多忙中(とは存じますすが/ではありましょう)が、来る〇月〇日(〇曜日)〇時より(我が家/拙宅/下記)でささやかな(宴席/小宴)を整えますので、ご都合がつくようであれば(お越/ご臨席/ご光臨)いただきたく、ご案内を(申し上げました/さし上げた次第です)。なお、その際は、どうかお心遣いなどご無用にされてください。
まずは、ご案内とお願いまで。

敬具/敬白

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

 日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
 場所 〇〇〇ホテル 〇〇の間
    住  所 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を〇〇(000-000-0000)へ〇月〇日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項