定年退職祝い/慰労会(近親者/知人/友人) 招待状 文例

定年退職祝い/慰労会(近親者/知人/友人) 招待状 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

定年退職お祝い 招待状 文例(本人から近親者宛)

(叔父様/叔母様/〇〇様)へ

〇〇な季節となりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
さて、この度私は〇月〇日で(〇年勤めた〇〇〇を定年退職となり/定年退職となり、第二の人生をはじめ)(ました/ます)。
(〇年勤めた会社を退職したことに些かの寂しさを感じる/大過なく定年まで勤めあげられことに安堵した)とともに、ここまでこれたのは(皆様/親戚の皆様)の(温情/恩情)あってのことだと改めて(感謝して/お礼を申し上げたいと思って)います。
つきましては、(〇〇様/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、来る〇月〇日(〇曜日)ご都合がつくようであれば(来て/お越)(いただけますようお願いします/くださいませ。心よりお待ちいたしております)。
当日は、〇時より(我が家/拙宅)でささやかな(お食事/祝宴/料理)を(準備し/用意し)ますので、ご一緒に(これまでの苦労を労って/第二の人生の門出をお祝いしていただければ)(幸いです/嬉しいです)。
ご案内まで。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例一覧

定年退職お祝い 招待状 文例(家族から近親者宛)

(叔父様/叔母様/〇〇様)へ

〇〇な季節となりましたが、(叔父様/叔母様/〇〇様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりありませんですか/お元気でしょうか)。
さて、この度私の〇〇が〇月〇日で(〇年勤めた〇〇〇を定年退職となり/定年退職となり、第二の人生をはじめ)(ました/ます)。
(長らく/〇年もの長い間)(一生懸命に/身を粉にして/私たちのために)働いて(くれた/いただいた)〇〇を(盛大に/ささやかですが)私たちでお祝い(してあげたいのですが/しよう思いますが)、 (当人/〇〇)(はまだこれからも働くつもりでいるので、このよなことは(心外/嫌)な/は、あまり晴れがましいことを望んでいな)ようです。(なので内々の皆様だけでも/しかし、私どもとしては(親しく/懇意/優しく)にしていただいている皆様方は是非とも)お招きしてお祝いをしたいと思い、ご案内を(申し上げました/さし上げた次第です)。 つきましては、(〇〇様/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、来る〇月〇日(〇曜日)ご都合がつくようであれば(来て/お越)(いただけますようお願いします/くださいませ。心よりお待ちいたしております)。
当日は、〇時より(我が家/拙宅)でささやかな(お食事/祝宴/料理)を(準備し/用意し)ますので、ご一緒に(これまでの苦労を労って/第二の人生の門出をお祝いしていただければ)(幸いです/嬉しいです)。
〇〇定年退職祝いのご案内まで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

定年退職お祝い 招待状 文例(還暦_知人/友達宛)

(拝啓/謹啓) 〇〇の候、(〇〇/皆)様におかれましては益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、私も〇月〇日付けで(〇年勤めた〇〇〇を定年退職となり/定年退職となり、第二の人生を始め)(ました/ます)。
(〇年勤めた会社を退職したことは、些か寂しくもあります/今は大過なく定年まで勤めあげられことに安堵しております)。 これからは、(暫らく英気を養った後、新たな職場を探して働く/また、前の職場で働く/〇〇をして第二の人生を過ごす)(つもり/こととなりました)が、(その前に/これを機に) (これまで/在職中に)(ご厚誼を賜った/何かとお世話になりました/懇意にしていただいた/ご支援いただいた)皆様方に(感謝の意を表し/お礼を申し上げ)たく存じます。
つきましては、(〇〇様/皆様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、来る〇月〇日(〇曜日)ご都合がつくようであれば(足をお運び/お越)(いただけますようお願いします/くださいませ)。(なお、その際は、どうかお心遣いなどご無用にされてください。)
当日は〇時より(我が家/拙宅)でささやかな(お食事/小宴/宴席)を(準備し/整え)ますので、(昔の苦労話に花を咲かせれば嬉しいです/第二の人生抱負をお聞きいただければ幸いです)。
取り急ぎ、ご案内まで申し上げます。

敬具/敬白

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項