招待状 長寿お祝い 文例/例文と書き方

招待状 長寿お祝い 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

長寿お祝い 招待状 文例(古希/喜寿/傘寿_近親者宛)

(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん)へ

ΟΟ(な季節となりましたが/のみぎり)、(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん/ΟΟ様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりなくお過ごしでしょうか/お元気でしょうか)。
この度、(父/母/祖父/祖母)ОΟもО月О日で(古希の七十歳/喜寿七十七歳/傘寿にあたる八十歳)を迎えることができます。
お陰様で(父/母/祖父/祖母)ОΟは、(ОΟを迎えるとは思えない程、健康で病気ひとつせず毎日ОΟを続けており/少しばかりОΟが悪いですが、まだまだ元気に日々過ごすことができており/昨年ОΟを患ってからは以前と同じとはいきませんが、それでも日常に不便なく過ごすことができており/ここ数年は、体調を気遣って趣味のОΟを休むこともありますが、概ね元気になので/ここ数年はОΟが悪化して寝たきりではありますが、食欲は旺盛で当面は心配なさそうなので)、 (私ども家族/子)として(も誠に喜ばしい/は、ありがたい)かぎりです。
つきましては、来るО月О日(О曜日)に(日頃はご無沙汰しております方々/平素より懇意にしていただいてる皆様/内々の皆様だけでも)お招きして(父/母/祖父/祖母)ОΟ(古希/喜寿/傘寿)のお祝いを(催し/いたし)たいと思いましてご案内をさし上げました。
(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん/ΟΟ様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、ご都合がつくようであれば(来て/お越)(いただけますようお願いします/くださいませ)。
当日は、О時より(我が家/拙宅)で(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴/粗餐)を(準備し/整え)ますので、ご一緒にОΟの(これからの健康と長寿をお祝い/更なる長寿を祈りつつ、(古希/喜寿/傘寿)をお祝いして)いただければ(幸いです/嬉しく存じます)。
ОΟ(古希/喜寿/傘寿)祝いの(ご案内/ご案内とお願い)まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

長寿お祝い 招待状 文例(古希/喜寿/傘寿_知人宛)

ΟООΟ 様

(拝啓/謹啓) ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
この度、私どもの(父/母/祖父/祖母)ОΟもО月О日で(古希の七十歳/喜寿七十七歳/傘寿にあたる八十歳)を迎えることがきます。
お陰様で、ОΟは(ОΟを迎えるとは思えない程健康で、病気ひとつせず毎日ОΟを続けており/少しばかりОΟが悪いですが、まだまだ元気に日々過ごすことができており/昨年ОΟを患ってからは以前と同じとはいきませんが、それでも日常に不便なく過ごすことができており/ここ数年は、体調を気遣って趣味のОΟを休むこともありますが、概ね元気になので/ここ数年はОΟが悪化して寝たきりではありますが、食欲は旺盛で当面は心配なさそうなので)、 (私ども家族/子)として(も誠に喜ばしい/は、ありがたい)かぎりです。
つきましては、来るО月О日(О曜日)に(日頃はご無沙汰しております方々も/平素より懇意にしていただいてる皆様も/旧知の皆様方も)お招きして(父/母/祖父/祖母)ОΟ(古希/喜寿/傘寿)のお祝いを(催し/いたし)たいと思いましてご案内をさし上げました。
(ΟΟ様/ΟΟさん/皆様)にはご多忙中とは存じますが、ご都合が宜しければ(ご臨席/お越)いただけますようお願い申し上げます。
当日は、О時より(我が家/拙宅/下記)で(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴/粗餐)を(準備し/整え)ますので、ご一緒にОΟの(これからの健康を祈り、(古希/喜寿/傘寿)を祝って/更なる長寿を祈りつつご歓談)いただければ(幸いです/嬉しく存じます)。
ОΟ(古希/喜寿/傘寿)祝いの(ご案内/ご案内とお願い)まで。

敬具/敬白

令和Ο年Ο月Ο日

 日時 Ο月Ο日(Ο) 午後ΟΟ時〜
 場所 ОΟОホテル ΟОの間
    住  所 ОΟООΟООΟО
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を私(000-000-0000)へΟ月Ο日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

ΟООΟ

長寿お祝い 招待状 文例(米寿/卒寿/白寿_近親者宛)

(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん)へ

ΟΟ(な季節となりましたが/のみぎり)、(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん/ΟΟ様)には(元気にお暮らしのこと、何よりに存じます/お変わりなくお過ごしでしょうか/お元気でしょうか)。
この度、(父/母/祖父/祖母)ОΟもО月О日で(米寿の八十八歳/卒寿九十歳/白寿にあたる九十九歳)を迎えることができます。
お陰様で(父/母/祖父/祖母)ОΟは、(このような高齢にもかかわらず、元気で毎日ОΟなどをして過ごしており/ΟΟが不自由でですが、まだまだ日常生活には不便はなく過ごすことができており/昨年ОΟを患ってからは以前と同じとはいきませんが、それでも介護の必要もなく生活できていて/ここ数年は、ОΟが悪化して寝たきりではありますが、食欲もあり当面は心配なさそうなので)、 (私ども家族/子)として(ОΟの長寿は何物にも変えがたい喜びです/は、一日も長く元気でいてくれることを願うばかりです)。
つきましては、来るО月О日(О曜日)に(日頃、ご無沙汰しています方々も/日頃、懇意にしていただいてる皆様も/内々の皆様だけでも)お招きして(父/母/祖父/祖母)ОΟ(米寿/卒寿/白寿)のお祝いを(催し/いたし)たいと思いましてご案内をさし上げました。
(叔父様/叔母様/お兄様/お姉様/ΟΟさん/ΟΟ様)には(ご多忙中とは思いますが/お忙しいでしょう)が、ご都合がつくようであれば(来て/お越)(いただけますようお願いします/くださいませ)。
当日は、О時より(我が家/拙宅)で(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴/粗餐)を(準備し/整え)ますので、ご一緒にОΟの更なる長寿を祈り、(ご歓談/お祝い)いただければ(幸いです/嬉しく存じます)。
ОΟ(米寿/卒寿/白寿)祝いの(ご案内/ご案内とお願い)まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

長寿お祝い 招待状 文例(米寿/卒寿/白寿_知人宛)

ΟООΟ 様

(拝啓/謹啓) ΟΟの候、(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度(父/母/祖父/祖母)ОΟもО月О日で(米寿の八十八歳/卒寿九十歳/白寿にあたる九十九歳)を迎えることができます。
(父/母/祖父/祖母)ОΟは、(このような高齢にもかかわらず、何の不自由もなく健やかに過ごすことができており/(米寿/卒寿/白寿)を迎えたとは思えぬ程にはつらつとして日々を過ごしております/昨年ОΟを患ってからは以前と同じとはいきませんが、まだまだ元気にしております/ここ数年は寝たきりとはなっておりますが、食欲もあり日々恙無く過ごしております)。
このように、(父/母/祖父/祖母)ОΟが、(元気でいれ/日々楽しく過ごせ/健やかに過ごせ)ますのも、(日頃より、親しくしていただける/ΟΟを支えていただける/ご厚誼を賜る)皆様(のお陰/がいらっしゃるから)(と/と心得、/と存じ、)(深く感謝いたしております/ΟΟになり代わり、心よりお礼申し上げます/日頃の感謝を表したく存じます)。
つきましては、来るО月О日(О曜日)に(高齢のためご無沙汰いたしております/日頃から懇意にしていただいてる)皆様方もお招きして(父/母/祖父/祖母)ОΟ(米寿/卒寿/白寿)のお祝いを(催し/いたし)たく(存じまして/思いまして)ご案内をさし上げ(ました/た次第です)。
(ΟΟ様/ΟΟさん/皆様)にはご多忙中とは存じますが、ご都合が宜しければ(ご臨席/お越)いただけますようお願い申し上げます。
当日は、О時より(我が家/拙宅/下記)で(ささやかな/形ばかりの)(祝宴/宴席/小宴/粗餐)を(準備し/整え)ますので、ご一緒にОΟの(これからの健康を祈り、(米寿/卒寿/白寿)のお祝いをして/更なる長寿を祈りつつご歓談)いただければ(幸いです/嬉しく存じます)。
ОΟ(米寿/卒寿/白寿)祝いの(ご案内/ご案内とお願い)まで。

敬具/敬白

令和Ο年Ο月Ο日

 日時 Ο月Ο日(Ο) 午後ΟΟ時〜
 場所 ОΟОホテル ΟОの間
    住  所 ОΟООΟООΟО
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
予約の都合がありますので、ご来否の返事を私(000-000-0000)へΟ月Ο日迄にいただきまたく存じます 。

以 上

ΟООΟ

長寿祝い 招待状 文例(取引先宛)

株式会社 ΟΟΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

(拝啓/謹啓) ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度弊社(社長/会長/創業者/顧問)であるОΟОΟもお陰様でО月О日をもちまして(古希の七十歳/喜寿七十七歳/傘寿にあたる八十歳/米寿の八十八歳/卒寿九十歳/白寿にあたる九十九歳)を迎えること(ができます/と相成りました)。
つきましては、(常日頃、ご(厚情/厚誼/交誼/愛顧)を賜っております皆様/平素より懇意にしていただいております皆様/日頃はご無沙汰しております皆様も)をお招きして(ささやか/形ばかり)ではありますが、ОΟの(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)のお祝いを来るО月О日(О曜日)に催したく存じ、ご案内をさし上げ(ました/次第です)。
(皆様/ΟΟ様)にはご多忙中とは存じますが、是非とも(お越/ご臨席/ご光臨)いただきますようお願い申し上げます。
まずは、弊社(社長/会長/創業者/顧問)(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)祝いのご案内をお願い申し上げます。

敬具/敬白

令和Ο年Ο月Ο日

 日時 Ο月Ο日(Ο) 午後ΟΟ時〜
 場所 ОΟОホテル ΟОの間
    住  所 ОΟООΟООΟО
    電話番号 00-000-0000
          地 図
 
 
誠に恐れ入りますが、ご来否はΟ月Ο日(Ο)までに担当ОΟ(000-000-0000)までご連絡いただきますようお願いいたします。

以 上

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ
ΟΟΟΟΟΟΟΟΟΟ
TEL 000-000-000

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項