顛末書の書き方

顛末書の書き方

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
顛末書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
顛末書とは、事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録した書面である。
 
 顛末書は、基本的に事後その内容が明確になった時点でその詳細を客観的な立場の第三者(当事者以外)が、その事実と原因や責任の所在などを報告する目的で書かれる。ただし、会社によっては慣例として、事件や事故、トラブル、不祥事の報告を全て顛末書とするところもある。
 
本来は、当事者が途中経過やその反省の意味を込めた書くのは、顛末書とせず、経過報告書又は単に報告書(担当者として事実を会社に伝える)、理由書(当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある)、反省文(当事者に軽微な責任あり)、始末書(当事者に重大な責任あり)などとすべきでしょう。
 
顛末書には、文字通り事の始めから終わりまでの経緯を書く必要がある。
項目としては、
1)・・・の経緯/状況
2)・・・事後の経緯
3)・・・結果としての被害/損害/問題など
4)責任の所在や加害者/責任者/への損害賠償請求などの対応策
5)所見/結論(今後の対策案)
などを記載します。
 
顛末書は、経営幹部や管理者が処分や対策を決定する最も信頼できる報告書と心得て、公平で正確な内容にするのが求められます。 また、その経験を後に残す貴重な資料となることを考慮して、写真や書類など添付すうのがよいでしょう。

Posted: 2007 - Updated: 9/11/2007

-スポンサードリンク-

顛末書文例と書き方

各種顛末書の文例と書き方一覧と 顛末書関連コンテンツです。

顛末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map