レポート 書式/文例/例文と書き方

レポート 文例/書式/テンプレートと書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

レポート 書式/文例/例文と書き方

令和Ο年Ο月Ο日
執筆者 氏 名
注)部署や所属団体(会社)名を記載
注)基本は全員、多数のときは代表者を記載
 

ОΟОΟレポート(報告書)
-(副題)ОΟОに関する考察-

注)必要に応じて副題なども用いて内容を明確に示す題目とする。
 

1.[概要]/[サマリー【summary】]/[要約]/[はじめに]
【一般的なレポートの場合】
そのテーマでレポートを書く意義(理由)や全体を見通しての要約を書く。
【調査や研究成果のレポートの場合】
レポートの概要、テーマの説明や調査方法、考察の視点、簡潔に結論や結果も書く。
【営業、経営戦略、新規事業などの企画の場合】
概要説明、意義や効果、目標などを簡潔にまとめて書く。 

2.本文
1)項目を的確に付す
本文は、論理構造を明確にするために的確な項目に分けて書くようにして、全体を通して一貫してください。 特に複数の執筆者がいる場合、統一感が得られます。
細かく項目分け又は箇条書きにすることで、論理性を保ち易くなり、かつ短文で簡潔な文章とすることができます。
【一般的な項目の付し方】
1.*******
 1)********
  @********
   a)*******
    ァ)******
 2)********
2.*******
【厳密な論理性が要求されるときの項目の付し方】
1.*******
 1-1 *******
  1-1-1 *******
   1)********
    @********
     a)*******
      ァ)******
 1-2 *******
2.*******
 
2)本文冒頭部-前提条件や背景
読み手がレポートを読むうえで、必要とされる前提や背景、情報、基礎的知識など を冒頭に記載することで、以降の内容の理解を助けます。
 
3)本文
論理構造を考えて構成することが最も大切です。一気に書いたとしても、 配置する順番を連続性、論理性、合理性などの視点から再検討してください。
 
3.結び/まとめ/結論/所見/ΟΟ結果
結論や結果を簡潔に書きます。場合によっては、それに対する私的な所見や感想など を書いて、読み手に執筆者の意気込みや思いを伝えましょう。
また、そのレポートのためにお世話になった方がいれば、謝辞も記載します。
 
4.参考資料/引用など_一覧
参考資料は目録を記載し、可能なら添付してください。
参考(引用)書籍を厳密に書く場合は、
【書籍名 著者 出版社 出版年 pページ】を記載します 。

以 上

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

調査報告レポート文例 ▼

再発防止策レポート文例 ▼

改善提案レポート文例 ▼

現況調査レポート文例 ▼

新店舗出店地調査レポート文例 ▼

レポート 書き方 ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項