お世話になったお礼(転勤_友人/知人宛)文例と書き方

お世話になったお礼(転勤_友人/知人宛)文例

お世話になったお礼(転勤_友人/知人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ(君へ/さんへ)

前略 ○○(君/さん)(そちらにいた時は、何かとお世話になり/盛大な送別会してくれて)、本当にありがうございました。
 
(先日/○日)に○○に着いて、やっと少し落ち着きました。
または
○○(地名)は、(長閑なところで気に入りました/思った以上に都会で少し戸惑ってますが、時期になれるでしょう。
または
急なこととはいえ、○○君(には/をはじめ皆に)お世話になったにもかかわらず、きちんとお礼も言えずみませんでした。
 
サラリーマンである以上転勤はしかたないことですが、折角できた(友達/知り合い)と急にお別れするのは寂し(です/いものです)。○○(さん/君)達と楽しく過ごした日々を思い出しつつもこの地でまた新な友達を作っていくつもりですが、これからも今までとおりに友達でいてください。
または
○○(地名)では、(心機一転新たな気持ちで頑張ろう/また、○○の仲間を見つけてこれまでと同じように○○と続けよう)と思ってます。少し場所が離れるますが、今後ともよろしくお願いします。
 
また、機会があればそちらに伺いますので、その時にはよろしくお願いします。
または
○○(君/さん)も体に気を付けて頑張ってください。
(休みがとれたら/そちらにも)遊びに行きますね。
または
(改めまして/取り急ぎ)、(お見送りの/お世話になった)お礼まで。

早 々

平成Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

お礼状文例と書き方

各種お礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お礼状文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について