商品/お品違い 詫び状/お詫びメール 文例と書き方

製品/型番違い(返送と交換品猶予のお願い)お詫びメール 文例(会社宛)

商品/お品違い 詫び状/お詫びメール 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

件名:(О日納品分の(製品/型番)違いの(お詫び/件)/(製品/型番)違いのお詫びと交換品送付猶予のお願い/型違いのお詫びと返送のお願い)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は格別の(ご愛顧/お引き立て)を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
(貴社/ΟΟ様)よりの(メール/ご連絡/お問い合わせ)をいただき、(当方/弊社)で調べましてところ、ご指摘のとおり今回(送付/納品)した品は、(ΟΟ様/貴社)よりご注文を頂戴したОΟとは(別物/型式違い/色違い)であることが判明いたしました。(ΟΟ様/貴社)に(は、ご迷惑/お手数とご心配/多大なご迷惑)をおかせしまして、深くお詫び申し上げます。
 
(本来なら/ご迷惑をおかけしておりますので)、直ぐにもご注文をいただいた(品/ΟΟ)を(納品/お送り)(すべきですが/したいのですが)、(何しろ特注品のため/貴社用の改造がかかっており/あいにく在庫を切らしておりまして)それもできませんで、(誠に/重ねがさね)申し訳なくないのですが、(今しばらくの/あとО日の/О日の)ご猶予を賜りますようお願い申し上げます。
 
(なお/また)、貴社に(お手数をおかけして申し訳ないのですが/お手間をとらせてしまい心苦しのですが)、(ОΟ/品番/型)違いで納品してしまいましたものは下記へ着払いにてご返送いただけますようお願い申し上げます。
または
(なお/また)、今回の品違いの原因については弊社として調査をし、後日、原因とその対策を含めご報告(にお伺いいたします/させていただきます)。
または
弊社では、(伝票と出荷品との突合せには/注文内容のダブルチェックなどして納品に誤りのないよう)十分留意していますが、その対策が不十分だったことを痛感しております。つきましては、本件の原因を究明し、対策を改めてご報告をさせていただきます。
 
(まずは/取り急ぎ)、お詫方々(ご返送/交換品猶予)のお願いを申し上げます。
 
------------記------------
 
1.商品返送先
 〒000-0000
 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ区ΟΟ000
 株式会社ΟΟΟΟ
 ΟΟΟ部ΟΟ課 ΟΟ宛
 電話番号 000-0000-0000
2.問い合わせ担当者
 ΟΟ部ΟΟ課 担当ΟΟ
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お品/商品/色/型違い(返送と交換品猶予のお願い)お詫びメール 文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

製品/型番違いによる交換品送付案内 メール文例(会社宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品/商品/色/型違いによる交換品送付案内 メール文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品違い(返送のお願いと交換品納期通知)詫び状文例(会社宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品違い(返送のお願いと交換品納期通知)詫び状文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品違い(交換品納期の猶予のお願い)詫び状文例(会社宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品違い(交換品発送の猶予のお願い)詫び状文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

製品/型番違い(返送のお願いと交換品納期通知)詫び状文例(会社宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品違い(原因,対策と交換品送付案内)詫び状文例(会社宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品/商品/色/型違い(返送お願いと交換品送付案内)詫び状文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

お品/商品/色/型違い(原因,対策と交換品送付案内)詫び状文例(個人顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について