営業/誇大広告/接客クレーム 詫び状/お詫びメール 文例と書き方

接客クレーム(非礼/不適切対応に対する苦情)お詫びメール文例(上司から顧客宛)

営業/接客クレーム 詫び状/お詫びメール 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

件名:(接客時非礼のお詫び/弊社販売員の不適切対応のお詫び/オペレーターによる強引な勧誘のお詫び)


ΟООΟ 様
 
株式会社 ОΟОΟ(ОΟ地区統括マネージャー/ΟΟ部長)ОΟと申します。
 
平素は、(弊社/当店)を(ご愛顧/お引き立て)お礼申し上げます。
 
(さて/まずは/この度は)、(弊社販売員/ΟΟ部営業担当/ΟΟセンターのオペレーター/弊社社員ОΟ)が、(誤解をまねく(言動/返答/回答)をしまして/強引に商品をお売りしようとしまして/お断りしているにもかかわらず契約を迫ってしまい/誤解をまねく、ご対応をしてしまいまして/長時間お待たせしまして/不適切な電話応対をしまして/誠の失礼なことを申しまして/不適切な電話応対をしまして/勘違いとはいえ、失礼なことを申しまして)、(ΟΟ様(に(不愉快/ご不快)な思いをさせてしまいました/のお怒りをかいましたこと/にご迷惑をかけてしまい/のご気分を害しましたこと)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
 
(お電話/メール/お手紙)をいただき)、(本人からもその時の状況を聞き/直ぐに本人にも事実関係を確認いたし)ましたが、ΟΟ様の(ご指摘とおり/お怒りはご最も/ご苦情は当然のこと)であり、本人には厳重に注意をし、本人もまた自身の(言動/不始末)を甚く反省しております。
 
(弊社/当店)では、かねてより社員教育には力を入れておりましたが/接客マナーや言葉遣いには十分注意を払うよう指導しておりますたが)、このような(不届きな/未熟な/ことをしてしまう)(販売員/職員/社員)が、いたことに(これまでの教育が不十分であったことと/まだそれが徹底されていないことを(愕然とするばかりです/痛感いたしております)。
このうえは、(改めて社員教育の充実をはかる/全販売員を対象に接客マナーの再教育を実施させ/各店舗で接客マナーを再点検させ)(る所存です/ます)ので、今回ばかりは(ご容赦くださいます/ご寛容を賜ります/お許しいただけます)よう伏してお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ/(甚だ/誠に)略儀ではありますが/改めてお詫びにお伺いしますが、まずは)、お詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

接客クレーム(非礼/不適切対応に対する苦情)お詫びメール文例(本人から顧客宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(ミス/不手際に対する苦情)お詫びメール 文例

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(非礼/不適切対応に対する苦情)お詫びメール文例(上司から取引先宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(非礼/不適切対応に対する苦情)お詫びメール文例(本人から取引先宛)

- クリックで表示/非表示切替 -

ホームページ/チラシ/カタログの誇大広告/曖昧表現へのクレーム お詫びメール 文例

- クリックで表示/非表示切替 -

接客クレーム(非礼に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

接客クレーム(ミス/不手際に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

接客クレーム(接客時暴言に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

接客クレーム(無礼な対応に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

接客クレーム(強引勧誘/販売に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(非礼に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(営業時暴言に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(無礼な対応に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

営業クレーム(説明不足/曖昧表現に対する苦情)詫び状文例

- クリックで表示/非表示切替 -

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について