DV/家庭内暴力/借金/盗み見/家庭内トラブル お詫びメール/反省文/詫び状 文例,例文,書き方

DV/家庭内暴力/借金/盗み見/家庭内トラブル お詫びメール/反省文/詫び状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

DV お詫び/反省文 メール文例(夫婦間)


件名:(ごめんね/殴ってしまってごめん/怪我大丈夫/本当にごめんなさい)


ΟО、(昨日は/今朝)は(ごめん/本当にごめんなさい)。
または
(昨日は/今朝)のこと本当に反省してます。どうか許してください。
または
(昨日は/今朝)は、(ついつい興奮してて/全く自制心がきかず/感情的になって)(自分でもなんであんなことのなったからないけれども/(殴/蹴)ってしまって/暴力まで振るってしまって)、(本当にすみませんでした/ごめんなさい/申し訳なく思っています)。
または
昨晩は、(何故か飲み過ぎたみたいで/(思いのほか/疲れていたせいか)酒の廻りが早くて/泥酔の余り(断片的にしか記憶が/全く自分がしたことの記憶がほとんど)ないけど、(君/ΟΟ)に(暴力を振るってしまった/殴った)のは覚えてて、(なにしろ/朝に謝れなかったからちゃんと)謝ろうと思ってメール(しました/したよ)。
 
(一夜明けて/冷静になって/昨日のことを思い出して)謝らないといけないと思ったけど、朝は(時間がなくて/君が口もきいてくれなかったから/何となく気恥ずかしくて/素直になれなくて)、まずはメールしました。本当にごめんね。
または
(情けないけど/君には言ってなかったけど/言い訳(がましい/する訳ではないけど)、(最近/このところ)(疲れていいて/イライラしていて/精神的に不安定みたいで)/会社でもミスが続いて気分が落ち込んでいて)少しのこてで(感情が高ぶる/怒ったりする/自分の気持を抑えられない)んだ。
(でも、暴力を振るうのは許されないことは/それだからといって暴力を振るっていいことはないのは)分かっているよ。今回のこと本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
(暴力を振るう/君を殴る)なんて、(何があっても/絶対に)許されないことは分かっているけど、あの時は(ついカッとなって/どうにも自分を抑えられなくなって/酒を飲んでたせいで、理性がはたらかなくて)なんなことになってしまいました。(今更だけど/今からでは取り返しはつかないけど)とても反省しています。本当に(ごめん/すみませんでした)。
または
(今回のことは、全く弁解の余地もなく/喧嘩(の原因はともかく/になったことはお互い様だけど)君に暴力を振るったのは、(私/僕)が悪い(んだし、謝って許してもらうしかない/からだだ謝るしかない)と思ってます。本当にごめんなさい。
 
今後は(絶対に/何があっても)(暴力は振るわない/あんなことはしない)(から/と誓うから)今回だけはどうか許してください。お願いします。
または
(まだ、怒っているだろうけど/直ぐには許してはくれないだろうけど)、僕の(謝罪の気持だけでも汲み取って/悪かったと思う気持だけでも信じてもらって)、仲直りしてくるならあがたいです。お願いします。
または
今後(絶対に/二度と)君を殴ったりしない(から/と誓うから)、今回だけは(勘弁/許)ししてください。もし万が一また暴力を振るったら(君が言うように離婚に同意するよ/警察に被害届をだされても文句はいわないよ)。だから信じてね。
 
(昨晩/昨日/この前のこと)のお詫びまで。
または
(帰りに)君の好きなОΟを買ってくる(から仲直りしてね/ね)。
 
*************************
      署名
*************************

暴力 お詫び/反省文 メール文例(親から子供宛)


件名:(ごめんな/ΟΟ殴ってごめんな/怪我(しなかったか/は大丈夫か)/本当にすまない)


ΟО、(昨日は/この前/今朝)は(ごめん/本当にごめんなさい)。
または
お(父/母)さん、(昨日は/今朝)は(つい興奮して/感情的になって/理性をなくして)(お前/ΟΟ)(を(殴/蹴)って/に暴力まで振るってしまって)、(本当にすまないと思ってるよ/申し訳なく思っています)。
または
ΟО、昨日はお(父/母)さん、が悪かったよ。
(反省してるよ/本当にごめん(なさい/な)。
または
ΟО、(まだ痛むか/怪我しなかったか/怪我は大丈夫か)。
昨日はお(父/母)さん少し(やり過ぎたよ/興奮して(殴/ぶ)ってしまって)(ごめんなさい/すまない)。
 
(いくら/たとえ)(お前/ΟΟ/躾)のためとはいっても(暴力は絶対にいけない/殴るのはいけない)と分かっているけど、(昨日/今朝)は、(少しイライラしていて/興奮していて/酒も入っていて)(自制できなかっ/感情を抑えきなかっ/カーッてなってつい殴ってしまっ)たんだ。
本当に(すまなかった/ごめんね)。
または
(朝になって/酒が抜けて/冷静になって)(とんでもないことをしたと思って/昨日のことを思い出して/悪いことをしたと思って)謝ろうとしたけど、朝は(時間がなくて/お前が(部屋から出たこない/口もきいてくれなかった)から)、(とりあえず/まずは)メール(で謝ることにしたよ/しました)。
お(父/母)さんは今とても反省しているよ。
昨日は本当に(ごめんね/すまなかった)。
または
今回のことは、(お前の言い方が悪かったこともあるが/お前がΟΟなんかするからだけど)、(暴力を振るうのは(どんな場合も/躾そしても)絶対に許されないことだから、お(父/母)さんが(暴力を振るった/お前を殴った)ことは、(素直に/無条件に)(謝ります/謝るよ)。本当に(ごめんなさい/にすまなかった)。
(とはいえ/だからといって)、(お前/ΟΟ)(がしたことも許されないことだ/の態度も良くなかったのは分かっているだろう)から(お前/ΟΟ)も反省(してくれな/しなければいけないと思ってるよ)。
 
ともかく、(これからは絶対に暴力を振るわない/何があっても殴ったりしない)から今回だけは、(許してくれな/勘弁してくれな)。
または
お(父/母)さん、これからは(絶対に/何があっても)(暴力は振るわない/殴ったりしない)(から/と誓うから)早く仲直りして(ね/くれな)。
または
(まだ、怒っているだろうけど/直ぐには許してはくれないだろうけど)、お(父/母)さんは(お前/ΟΟ)のことを思って(殴った/ぶった)ことだけは分かってくれな。
 
何かあったらメールくれな。
または
それでは、また。
 
*************************
      署名
*************************

家庭内暴力 お詫び/反省文 メール文例(子供から親宛)


件名:(お(父/母)さんごめんなさい/昨日はごめん/お(父/母)さん(怪我しなかったか/大丈夫)/昨日は本当にごめんなさい)


お(父/母)さん、(昨日は/この前/今朝)は(ごめんなさい/ごめん)。
または
お(父/母)さん、(昨日は/今朝)は(つい興奮して/感情的になって)(暴力を振るって/(殴/蹴/ぶ)って)しまって、(本当にすまないと思ってるよ/申し訳なく思っています)。
または
お(父/母)さん、昨日は(僕/私)が悪かった(よ/です)。
(今とても反省しています/本当にごめんなさい)。
または
お(父/母)さん、(僕/私)が(殴/蹴/ぶ)ったところ(まだ痛むか/怪我しなかった/大丈夫ですか)。
(本当にごめんなさい/許してください)。
 
昨日は、(僕/私)(少し興奮して/ついカーッてなって)お(父/母)さんを(殴/ぶ)ったけど、今は本当に反省しています。(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
昨日は、お(父/母)さんに怒られて(ついつい/感情的になって/自分を抑えられなくなって)あんなことになったんだ。
本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
(一晩考えて/冷静になって)(とんでもないことをしたと思って/悪いことをしたと思って)謝ろうとしたけど、朝は(時間がなくて/お父さんがもう出かけていたから)、メールで謝ることにしました。
昨日は本当に(ごめんなさい/すみませんでした。
 
(私/僕)、(これからは絶対に暴力だけは振るわない/何があっても(殴ったり/暴れたり)しない)から今回だけは、許してください。お願いします。
または
お(父/母)さん、(これからは絶対に/僕、これからは何があっても)(暴力は振るわない/殴ったりしない/暴れたりしない)(から/と誓うから)許してください。
または
直ぐには許しもらえないかもしれないけど、これからは絶対に(殴った/ぶった)りしないから今回のこは許してね。お願いします。
 
*************************
      署名
*************************

暴力/DV お詫び/反省文 メール文例(恋人間)


件名:(先日のお詫び/ごめんね/この前はごめんない/喧嘩のお詫び)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
ΟО(さん)、(さっき/この前)は(本当にごめんなさい/許してください)。
または
(昨晩/さっき)は、(感情的になって(暴力を振っ/殴って)てしまって/つい手が出てしまって)本当(にごめん/すみませんでした)。
または
さっきは本当にごめん。
(怪我してない/怪我の具合はどうですか/まだ、痛いですか/痛みは治まった)。
 
(あの時/さっきは)、(僕/私)が(本当に悪かった/あんなひといことをして/暴力まで振るってしまって)(君に申し訳ない気持で一杯です/ものすごく反省してます)。
または
(この前/さっき)は、(僕/私)が(興奮して/イライラして/ついつい感情的になって/自分を抑制できなくて)(あんなことをして/暴力まで振るって)しまってたけど、(今/冷静になって)(悪いことをしたと反省しています/君に申し訳ない気持で一杯です)。
または
(この前/さっき)のことは、(僕の悪い癖/直ぐにカーッとなる性格が)が(原因で/悪し)、そのことで(暴力までしまって/あなたを怪我させてしまって)本当に(反省しています/ごめんなさい)。
 
(どんな理由でも/何であれ)暴力を振るうことは、(絶対に許されない/してはいけない)ことだから(許してくれないだろうけど)、謝罪の気持だけは分かってください。
または
(これからは/今後)(絶対に/二度と)(君にあんなことをしない/暴力だけは振るわない)から、(仲直りして/今回だけは許しして)ください。お願いします。
または
(許してはもらえかもしれない/今はまだ無理かもしれない)けど、僕はОΟのことが大好きだから(もし、許してくれるならまた会ってね/(仲直り/できることならまた仲良く)してください。お願いしまます)。
 
(仲直り/許)してくれるなら(電話/メール)ください。
または
さっきのこと本当にごめんなさい。
 
*************************
      署名
*************************

夫婦間の詫び状/お詫び/反省(喧嘩/暴言)メール文例


件名:(ごめんね/(昨日は/今朝は/ΟΟのこと)ごめん/ΟΟのこといい過ぎたよ/喧嘩のお詫び)


ΟО、(先日は/この前は/ΟΟのこと)本当に(ごめんね/悪いと思ってるよ)。(今はとても反省してます/許してください)。
または
(昨晩/昨日)は、(少しいい過ぎたみたいで悪かったね/ついつい感情的になってしまってごめんなさい/私が(悪い/間違っている)のに意地を張ってしまってごめんなさい)。
または
(この前/昨日)の(君/あなた)との喧嘩は、(自分なりに考えて/あの後冷静になって考えて)(僕/私)が(言い過ぎた/悪かった/意地を張った)(んだね。本当にごめんね。/せいだったと思ってメールしました)。
 
(僕も/私が)少し(興奮して/イライラして/意固地になって/頭にきて/感情的になって)いたせいで君(に嫌な思いにして/を怒らせて/を不愉快にして)しまったのを(今ものすごく/冷静になって)反省しています。
または
(あの時/この前のことは)、(僕/私)があんな(酷い)ことを(し/言わ)なければ(喧嘩/言い争い)にならなかっただろうと思うと、(君/あなた)の気持ちを考えないことを(して/言って)(今更だけど深く/とても)反省してます。
または
(あの時/この前のことは)、お互い(興奮/喧嘩腰/感情的/冷静さをなく)してたせいで(あんなこと/喧嘩/言い争い)になったけど、そのなことになったのは(僕が悪い/僕に責任がある/私の一言のせいな)んだよね。(ごめんね/ごめんなさい)。
または
(僕/私)は、(君を怒らせる/自分の考えに固執する)つもりはなかったけど、(ついつい/売り言葉に買い言葉でつい)酷い言い方になってしまっただけなんです。
 
(本当は直接謝らないといけないけど、/なんとなく言いにくくて/気恥ずかしくて)メールで(僕/私)の気持を伝えることにしました。もし、(仲直りしてくれる/許してくれる)ならメールください。
または
(まだ、怒っているだろうけど/直ぐには許してはくれないでようが)、(いつまでも喧嘩しているのはいやだからもしよければ、/早く)機嫌を直して、仲直りしてください、)。
または
今後(絶対に/二度と)(君/あなた)にあんな(こと/酷いこと)をしない(から/と誓うから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(昨晩/昨日/今朝/この前のこと)のお詫びまで。
または
(帰りに)君の好きなОΟを買ってくる(から仲直りしてね/ね)。
 
*************************
      署名
*************************

親子間の詫び状/お詫び/反省(喧嘩/暴言_親から子供宛)メール文例


件名:(昨日は悪かったな/(昨日は/今朝は/ΟΟのこと)ごめん/少し言いすぎたようだすまない)


ΟО(昨日は/ΟΟのこと)(お父さん/お母さん/ママ/パパ)が言い過ぎたよ。(すまない/ごめんね)。
または
(昨日は/ΟΟのこと)は、本当に(すまない/悪いと思ってます)。(今は少し言い過ぎたと反省しているよ/許してね)。
または
あの後(お父さんなりに考えたんだ/お母さんとも話した)けど、(頭ごなしに大声をだしてしまい/言い過ぎたてしまって/お前の意見も聞かないで怒ってしまい)(悪かったと思ってます/ΟΟにすまないことをしたと反省してます)。
 
(お父さん/お母さん)(あの時/昨日/今朝は)少し(イライラして/感情的になって)いてね。(言い過ぎたね)。ごめん。
または
(お父さん/お母さん)は、ОΟのことを思って(忠告/言った)つもりだったけど、(それがうまく伝(わらなかったみたいで/えられなくて)/言い方が悪くて/喧嘩腰になってしまって)ОΟ(に嫌な思をさせてしまい/も喧嘩腰にしてしまったことを)冷静になって反省して(います/いるよ)。
または
(あの時/この前のことは)、(お父さん/お母さん)があんな(酷い)ことを(し/言わ)なければ(あんなことにならなかった/喧嘩にならなくてすんだ/お前もあんな態度をしなかった)んだと今は思っているよ。
または
(お父さん/お母さん)は、(お前を怒らせる/お父さんの考えにを押し付ける)つもりはなかったけど、ついつい(酷い言い方をして/強い口調になって/怒って)しまって今は(悪いと/申し訳ない)思っているよ。
 
(本当は直接謝らないといけないけど、なんとなく言いにくくて/謝るのは早いほうがいいから)メールしました。(お父さん/お母さん)(の気持だけは分かって/を許してくださいね/許してくれるならメールください)。
または
(まだ、怒っている/直ぐには許してくれない)だろうけど、(いつまでも喧嘩してても仕方ないから/早く)(機嫌を直してね/仲直りしよう)。
または
今後(絶対に/二度と)あんな(こと/酷いこと)を(し/言わ)ないから、(昨日/この前)のことは許ししてね。
 
*************************
      署名
*************************

親子間の詫び状/お詫び/反省(喧嘩/暴言_子供から親宛)メール文例


件名:(ごめんね/(昨日は/今朝は/ΟΟのこと)ごめん/ΟΟのこといい過ぎた/お父さんの気持も考えないでごめんなさい)


(お父さん/お母さん)、(昨日のこと/この前は)(本当にごめんなさい/すみませんでした)。(今は反省しています/許してね)。
または
(この前は/ΟΟことでは)、(僕/私)が(少しいい過ぎたたみたいで悪いと思ってます/ついつい感情的になってしまってすみませんでした/悪いのに意地を張ってしまってごめんなさい)。
または
(この前/ΟΟ)ことを(自分なりに/冷静になって)(考えて/考えてみて)、(僕/私)が(ΟΟさんの言うことを聞けば良かったと思って/(言い過ぎた/悪かった)と気付いて/意地を張ったせいだったと分かって)、早く謝ろうと思ってメールしました。
 
(昨日/あの時/この前)は、少し(イライラして/意固地になって/頭にきて/感情的になって)(嫌な/変な/酷い/ΟΟさん(を怒らせるよ/の気持も考えないで勝手)な)ことを言ってしまって、(すみませんでした/本当にごめんなさい)。(今はすごく/冷静になって/とても)反省しています。
または
(昨日/この前)は、(僕/私)が(勝手な/酷い/いい加減な/軽率な/ΟΟさんを怒らせるような)ことを(し/言わ)なければ(喧嘩にななんかならなかったし/良かったんだし)、(お互いに嫌な気持にも/気まずい状況に)ならなかったと思うと、本当に悪いことを(言った/した)と今更ながら反省しています。
または
ΟΟさんが、(あんなに/昨日/あの時)(怒った/きつく言った/真剣に話した)のは、(私/僕)(のことを思ってのことだ/の(ためになると/将来を/ことを)考えてのことだと思う)から(素直に聞かないといけなかったんだ/意地を張らなければ良かったんだ/話しだけでも聞くべきだった)けど、(ついつい/少しイライラしていて/その時は感情を抑えられなくて)(話しを最後まで聞かなくて/(喧嘩になって/大声を出して/出ていって)しまって)(ごめんなさい/すみませんでした)。今では(すごく反省しています/あんなこと(した/言った)ことを後悔してます)。
(僕/私)は、(ΟΟさんを怒らせる/自分の考えに固執する)つもりはなかったけど、(ついつい/売り言葉に買い言葉でつい)酷い言い方になりました。(本当にごめんなさい/今は申し訳ない気持で一杯です)。
 
(直接謝らないといけないけど/なんとなく言いにくくて/気恥ずかしいから)、まずはメールで謝ることにしました。本当にごめんなさい。
または
(今度からは/これからは)(あんな酷いことを(言わない/しない)/ちゃん話し聞く)から(許してね/今回だけは許してください)。
または
(あんなに怒らせてしまったから/あんな酷いことを(言った/した)から)(まだ、怒っているでしょうが/直ぐには許してはくれないでようが)、(僕/私)の(謝罪の)気持だけは分かってください。お願いします。
または
今後(絶対に/二度と)ΟΟさんにあんな(こと/酷いこと)をしない(から/と誓うから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
または
今度はちゃんと話しを聞きますから、あのことは、お互い冷静になってまた話し(させてください/てくらたらありがたいです/をしましょう)。
 
(昨晩/昨日/今朝/この前のこと)のお詫びまで。
または
よければ(また)メールください。
 
*************************
      署名
*************************

束縛/干渉 お詫び/反省文 メール文例(恋人間)


件名:(この前のことは悪かったよ/この前はごめんない/この前のことのお詫び)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
ΟО(さん)、(先日は/この前は/ΟΟのこと)(本当にごめんなさい/少し君を(束縛/干渉)しすぎていたみたいだね。本当にごめんなさい/許してください)。
または
(僕/私)は、(ОΟが大好きだから/良かれと思って)(何でも一緒にいたいと思って/いろいろ世話をやいて/君のことを知ろうとして)いたんだけど、(君/あなた)が、それを(束縛されている/干渉されていると)感じていたことを気づかなくて、(ごめんなさい/ごめん)。
または
(君/あなた/ΟΟ)が、(友だちと旅行に行く/男友だちと一緒にОΟに行く/ΟΟする)ことまで、(僕/私)(が口出しする/の了解を得ないといけない)ことを(息くるしく/煩わしいく/嫌だと)思っていたなんて知らなくて、いつも(君/あなた)(を束縛/の干渉)ばかりして本当にごめんなさい。
 
(ОΟの/この前の)ことは、(僕が少し君に干渉し過ぎていたみたいで/私が、あなたのことを束縛しすぎていた/あなたの気持ちを考えないで、自分の勝手なことを言った)ことが原因だね。(今更だけど/あの後自分でそう気づいて今)(反省してます/すまないと思っています/君に申し訳ない気持ちで一杯です)/してます)。
または
(この前/昨日/さっき)のことは、(君を直ぐに束縛しようとする悪い癖/私が自分勝手な性格/僕が君の気持を考えずに何でも自分の思いとおりにしようとしてこと/私があなたにあまりにも干渉し過ぎていたのが/君への配慮が足りなかったこと)が(原因で/悪し)、そのことで(君に息苦しい思いをさせてしまって/あなたのしたいことまで制限してしまって/私をうっとうしく思わせてしまって/君を悲しませることになって)本当に(すまなかったね/反省しています/ごめんなさい)。
または
(私/僕)は、(あなたを束縛/余計なことまで干渉)していたんだね。ごめん(なさい)。(あなたがそんなふうに思ってると知って/君に言われてそのことが分かって)今ではともて反省しています。
 
でも、(僕/私)は、本当に(あなたのことが大好きで(一緒にいたかっただけてす/心配していただけなんです)/君のことを思っていたんです)。それだけは、(信じてね/分かってください。お願いします)。
または
(これからは/今後)(絶対に/二度と)(あんなを束縛するようなことをしないから/君にことを干渉し過ぎないよにするから)、(仲直りして/許しして)ください。お願いします。
または
これまで僕は少し君を(束縛/干渉)し過ぎていたみたいだけど、これからは(ΟΟさんたちとの旅行にいったり/会社の人達と(カラオケ/飲み)に行ったり)することにについて何も言わないから(仲直りしてください/機嫌を直してね)。
 
(仲直り/許)してくれるなら(電話/メール)ください。
または
それでは、また。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

スマホ/メールの盗み見 お詫び/反省文 メール文例(夫婦間)▼

スマホ/メールの盗み見 お詫び/反省文 メール文例(親子間)▼

無断借金 お詫び/反省文 メール文例(夫婦間)▼

衝動買 お詫び/反省文 メール文例(夫婦間)▼

金銭抜き取り お詫び/反省文 メール文例(子供から親宛)▼

怒り過ぎ/理不尽に怒った後 お詫び/反省文 メール文例(子供宛)▼

生活態度を注意されて怒ってしまった お詫び/反省文 メール文例(親宛)▼

心遣いに怒ってしまった お詫び/反省文 メール文例(親宛)▼

交際/結婚への一方的反対 お詫び/反省文 メール文例(子供宛)▼

子供のお願い拒否 お詫び/反省文 メール文例▼

親からのお願いをむげに断った お詫び/反省文 メール文例▼

夫婦間の詫び状/お詫び/反省(実家に帰った妻宛)メール文例▼

夫婦間の詫び状/お詫び/反省(喧嘩して不機嫌な妻宛)メール文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項