新店舗開店(法人の店舗)のお祝い状(兼お祝い送り状)文例と書き方

新店舗開店(法人の店舗)のお祝い状(兼お祝い送り状)文例

新店舗開店(法人の店舗)のお祝い状(兼お祝い送り状)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(謹啓/拝復)
 
(ΟΟの候、ますますご清栄/時下ますますご隆盛)のこととお慶び申し上げます。平素は、一方ならぬ(ご高配をいただき/ご愛顧を賜りまして)、厚くお礼申し上げます。
 
さて、この度、○○に○○の新店舗を開店され(る/た)とのことで、誠におめでとうございます。謹んでお祝い申し上げます。
または
さて、この度は、(○○に○○ショップ/貴社の○○販売店)をオープンする運びとの由(、心よりお祝い/ご同慶の至りと存じ、衷心より)お祝い申し上げます)。
 
貴社が、今回出店される○○は、(今後人口増加が見込める地域であり/繁華街の一等地であり)、(積極的な姿勢に/先を見越した戦略)には(感服するばかりです/我が社も見習わなければと感じております)。(新規事業のご成功/今後のご発展)を心から祈念して、ご祝辞にかえさせていただきます。
または
貴社がこれまで培ってこられたノウハウがあれば、必ず地域で(一番の○○になる/支持される○○)になるものと確信しております。これを(絶好の機会/好機)として、今後より一層の躍進を遂げられることを祈念してやみません。また、弊社も微力ではありますが、(ご協力できますれば/お役に立てば)、幸いに存じます。
 
この度のご出店で弊社(にできることがありしたら何なりとお申し付けください/としましても、微力ながら協力させていただきたく存じます)。
または
(新店舗のご成功/今後のご発展)を心から祈念して、ご祝辞にかえさせていただきます。
または
(弊社/私)としましてもできる限りのご協力してまいりますので、今後とも(更なる/倍旧)の(ご厚誼を賜りますよう/お引き立て)よろしくお願い申し上げます。
 
なお、(新規開店/出店)のお祝いとしまして、心ばかりの品を別便でお送りいたしました。ご笑納ください。
 
(略儀ながら/(後日/近々)お伺いしたと存じますが、まずは)、書中をもってご祝詞申し上げます 。 または
略儀ながら、まずは書中にて貴社新店舗(開店/出店)の祝賀の意を表し、お祝いを申し上げます。

敬 白

平成Ο年Ο月Ο日

  株式会社 ΟΟΟ
  代表取締役社長 ОΟОΟ


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

お祝い状文例と書き方

各種お祝い状の文例と書き方一覧とお祝い状関連コンテンツです。

お祝い状文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について