創立○周年記念(会社)のお祝い/祝賀状文例と書き方

創立○周年記念(会社)のお祝い/祝賀状文例

創立○周年記念(会社)のお祝い/祝賀状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

謹啓
 
○○の候、貴社ますますご隆昌のことと慶賀の至りに存じます。平素は、格別のご厚情にずかり、厚くお礼申し上げます。
または
ΟΟの候、ΟΟ様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
 
さて、この度、創業○周年をお迎えの由、誠に喜ばしく、謹んでお祝い申し上げます。
または
さて、貴社におかれましては、めでたく創立○周年をお迎えになられ(れる/た)とのこと、(誠にめでたいことであり/ご同慶の至りと存じ)、衷心よりお祝い申し上げまます。
 
ご創業以来、幾多の(荒波/苦難)を乗り越えられ、(この良き日/記念すべきこの日)をお迎えになられたのは、ひとえに○○社長をはじめ社員の皆様方の日々のご研鑽の賜物と拝察いたしております。
または
これもひとえに(貴社/ΟΟ様方)の日頃の(ご研鑽/ご努力)の賜物と存じます。
または
創業以来、堅実なな経営で今日の繁栄を得られておられますことは、(弊社として/私として)(ご参考にしてまいりたいと思っております/模範とすべきと感服するばかりです)。
 
(このうえは、○年、○年と更に繁栄されていかれますよう/貴社におかれましては、これを機に益々ご発展を遂げられますことを)心よりお祈り申し上げます。
または
貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
 
弊社としましても(微力ながら尽力していまいる所存であります/貴社ご協力させていただきたく存じます)ので、今後とも末長く(ご高配/ご厚情/お引き立て)を賜りますようお願い申し上げます。
 
本来ならば拝顔にて、ご祝賀を申し上げるべきところですが、何かとご多用の折、本状をもちましてお祝賀を申し上げるます。
または
まずは、(取り急ぎ/略儀ながら)書中をもちまして、お祝いまで申し上げます。

敬 白

平成Ο年Ο月Ο日

  株式会社 ΟΟΟΟ
  代表取締役社長 ОΟОΟ


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

11月上旬
深秋の候
落葉の候
暮秋の候

11月中旬
晩秋の候
霜秋の候
向寒の候

11月下旬
冷雨の候
霜寒の候
初雪の候

お祝い状文例と書き方

各種お祝い状の文例と書き方一覧とお祝い状関連コンテンツです。

お祝い状文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について