新規開設(海外支店)のお祝い状(お祝い送り状)文例と書き方

新規開設(海外支店)のお祝い状(お祝い送り状)文例

新規開設(海外支店)のお祝い状(お祝い送り状)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(謹啓/拝復)
 
貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、一方ならぬ(ご高配をいただき/ご愛顧を賜りまして)、厚くお礼申し上げます。
または
○○の候、貴社ますますご隆昌のことと慶賀の至りに存じます。平素は、格別のご厚情にずかり、厚くお礼申し上げます。
 
さて、この度、(○○国の○○市/○○国)に支店を(開設/設置/進出)され(る/た)由、謹んでお祝い申し上げます。
または
さて、この度は、(○○国の○○市/○○国)に支店(開設/設置/進出)する運びとの由承り、ご同慶の至りと存じ、衷心よりお祝い申し上げます)。
 
(お聞きしましたところ/承りますれば/新支店のご案内によりますと)、○○支店(の支店長には、○○(部長/様)がご赴任されるとのことで、大変驚くとともに適材適所のご人事と感服いたしました/は、○○(部長/様)が陣頭指揮をとられることからも今回の支店開設には並々ならぬ(意気込み/決意)を感じ、その成功を確信した次第です)。
または
(○○国/海外)での(地固め/支店網の拡充)が(急ピッチに進んでいる/着々を進めておられる)(とのことで誠に喜ばしく存じます/ようで、今更ながら(○○社長の(行動力/決断力/経営手腕)/貴社の底力には敬服するばかりです)。
または
弊社としては、○○国(への進出を計画している段階で貴社の支店があることは背中を押される思いであります/で更なる営業拡大を図る計画をしているこの時期に貴社が○○に支店を開設されまししたことは、誠に心強い限りであります)。
 
これを機に、貴社がますますご発展されますことを心よりお祈りいたします。
または
今回の○○支店開設ににより○○国で貴社が更にご繁栄されるものと確信しております。これを(絶好の機会/好機)として、今後より一層の躍進を遂げられることを祈念してやみません。また、弊社も微力ではありますが、(ご協力できますれば/お役に立てば)、幸いに存じます。
 
つきましては、心ばかり(でありますが、お祝いの品/の品)を別便にてお送りいたしましたので、ご笑納くださいますようお願い申し上げます。
 
略儀ながら、まずは書中にて○○支店新規開設のお祝いを申し上げます。

敬 白

平成Ο年Ο月Ο日

  株式会社 ΟΟΟ
  代表取締役社長 ОΟОΟ


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

お祝い状文例と書き方

各種お祝い状の文例と書き方一覧とお祝い状関連コンテンツです。

お祝い状文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について