文例集HOME> 手紙/はがき> 挨拶状> 喪中はがき

喪中はがき文例と書き方

喪中はがきの文例

喪中はがきの文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

喪中につき年末年始の
ご挨拶を失礼させていただききます

本年Ο月に母 ΟΟ(享年Ο十Ο才)が永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝いたします
皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう
心よりお祈り申し上げます

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

-作成の注意-
1.句読点(。/、)を使わない。
2.「名前」「死亡日」「続柄」「年齢」が基本(そのいくつかを省略可)
3.「続柄」とは「曽祖父/曾祖母/祖父/祖母/父/母/義父/義母/兄/姉/弟/妹/義兄/義弟など」
4.「続柄」は、夫婦連名の場合、夫からみた「続柄」を表記する。(妻の父の場合-義父等)
5.年内に複数の方が亡くなった場合、亡くなった方を複数人記載する。
カスタム検索

喪中はがき(故人が複数人の場合)の文例

喪中につき年末年始の
ご挨拶を失礼させていただききます

Ο月に祖父 ΟΟ(享年Ο十Ο才)
Ο月に祖母 ΟΟ(享年Ο十Ο才)が永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝いたします
寒さ厳しき折一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

喪中はがきの文例1

亡祖母ΟΟの喪中につき年頭の
ご挨拶をご遠慮申し上げます

ここに本年中のご芳情を深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交情をお願い申し上げます
時節柄皆様におかれましてはくれぐれもご自愛ください

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

喪中はがきの文例2

亡祖母ΟΟの喪中につき年末年始の
ご挨拶をご遠慮申し上げます

ここに本年中のご芳情を深謝いたしますとともに
明年も一層のご交誼のほどお願い申し上げます
健やかな新年を迎えられますようお祈り申し上げます

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

喪中はがきの(会社用)文例

弊社前社長ОΟОΟの喪中につき年頭の
ご挨拶をご遠慮申し上げます

ここに本年中のご芳情を深謝いたすとともに
明年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます
時節柄 皆様におかれましてはくれぐれもご自愛ください

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
    TEL **-****-****
  株式会社 ОΟОΟ
  代表取締役社長 ОΟОΟ

喪中はがきの(個人事業用)文例

喪中につき年末年始の
ご挨拶を控えさせていただきます

本年Ο月Ο日前店主ОΟОΟが永眠致しました
平素よりのご厚情を深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします

平成二十六年○月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
    TEL **-****-****
    料亭 ОΟО
    店主 ОΟОΟ

寒中見舞いで出す欠礼はがき文例2

寒中お見舞い申し上げます

昨年○月に母ΟΟ(享年Ο十Ο才)が急逝いたしまして、年始のご挨拶を失礼させていただきました。
誠に急なことで、欠礼のご連絡も間に合いませんでしたので、不躾ながらこのようなにしてお知らせしますことをご容赦いただきたく存じます。
時節柄、○○様方にはくれぐれもご自愛ください。

平成二十五年一月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

寒中見舞いで出す欠礼はがきの文例3

寒中お見舞い申し上げます

この度は 母ΟΟへの賀状をいただきありがたく存じます。 昨年○月母ΟΟ(享年○才)は永眠致しました。
私どもの不手際でご連絡が行き届きませんでしたこと深くお詫びいたしますとともに生前の○○へ賜りましたご厚情に深く感謝いたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

平成二十五年一月

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
TEL **-****-****
○○○○
○○○○

年賀状/喪中はがき/寒中見舞い文例と書き方

各種年賀状/喪中はがき/寒中見舞いの文例と書き方一覧と 年賀状関連コンテンツです。

年賀状/喪中はがき/寒中見舞い文例一覧

関連文例&コンテンツ

8月季節/時候の挨拶と季節の文例

8月時候の挨拶(詳しくは:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
8月を感じる言葉
季節の語-夏休み/夏祭り/盆踊り/浴衣/花火/風鈴/かき氷
草木-向日葵/月見草/朝顔/百日草 山百合
 
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2015/7/7)と大暑(2015/7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2015/8/8)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2015/8/23)までに送ります。
 
8月_季節の文例
1.夏期休業/休暇案内
2.暑中見舞
3.残暑見舞
4.お中元関連
5.選挙投票依頼
6.入社承諾書
7.就職依頼状
8.旅行みやげの送り状
9.贈り物お礼状
ページの先頭へ戻る
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map