余寒見舞い(一般_知人/友人宛)文例と書き方

余寒見舞い(一般_知人/友人宛)文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
余寒見舞い(一般_知人/友人宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

余寒お見舞い申し上げます。

-知人/目上の方宛余寒見舞い文例-

立春とは名ばかりの寒い日が続きますが、(お元気にされていますか/いかがお過ごしでしょうか)。
そちらは(季節はずれの大雪となった/大寒波にみまわれたと)聞きました。(何かと(ご不自由/ご不便)なこともある/大変だ)とは存じますが、(○○/皆)(様/様方)には(お身体だけはくれぐれもご自愛ください/無理などはなさらずお過ごしくださいませ)。
日々暖かさを増してはまいりましたが、寒い日もありますので(○○/皆)(様/様方)には、くれぐれもご自愛いただきますようお祈り申し上げます。

-友人/友人宛余寒見舞い文例-

春は近いとはいえまだまだ寒いですね。
ニュースで(○○地方では/(お前/あなた)の居る所で)季節はずれの大雪が降ったと知りまいた。(いろいろ大変だとは思いますが、無理だけはしないで(過ごして/頑張って)ください/慣れているとはいえ怪我のないように気をつけてくださいね)。
(もう少し暖かくなっつたらそっち行こうと思っているけど/春にはそちらに伺おうと思ってますが)、まずはお見舞いを(いたします/申し上げます/まで)。

平成Ο年Ο月Ο日

〒***-****
○○県ΟΟ市Ο丁目Ο番Ο号
    TEL **-****-****
    ОΟООО

-スポンサードリンク-

余寒見舞い文例と書き方

各種余寒見舞いの文例と書き方一覧と 余寒見舞い関連コンテンツです。

余寒見舞い文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map