催促状(送金確認)文例と書き方

催促状(送金確認)の文例

催促状(送金確認)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ОΟОΟ商店
ОΟОΟ 殿

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
営業部 ОΟОΟ 印
電話***-****-****

ご送金確認のお願い

拝啓 
ΟΟの候、貴店におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、当社請求番号(No.*******)分のお支払い期限( 月  日)が過ぎておりますが、 (ご送金がまだのように見受けられます/ご送金が本日時点で確認できておりません)。
(お手数ですが/誠に恐縮ですが)、今一度ご送金を完了されたかご確認いただきたく存じます。 (万が一/何かの手違いで)ご送金がお済みでない場合、その旨小職にご連絡をいただくとともに、至急ご送金いただきますようお願い申し上げます。
なお、ご送金が本状と行き違いになってしまいましたら、ご容赦願います。
取り急ぎ、ご送金確認のお願いまで。

敬具


 

催促状文例と書き方

各種催促状の文例と書き方一覧と 催促状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について