顛末書文例と書き方

顛末書の書式

顛末書文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

役職
ОΟООΟО 殿

平成Ο年Ο月Ο日
部署名 ОΟОΟΟ 印

顛末書

平成Ο年Ο月Ο日に発生しましたОΟОにつきまして、その顛末を下記申し上げます。
標題の件につきまして下記のとおり詳細をご報告いたします。
など

1.発生の経緯
平成Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・が発生し、ОΟОのように対処し、結果、ΟΟのようになりました。
(具体的な状況を説明する文章)
複雑な場合は、時系列的に箇条書きする。
2.事後の経緯
平成Ο年Ο月Ο日、・・・がΟΟ・・・し、結果、ΟΟのようになりました。
(具体的な状況を説明する文章)
複雑な場合は、時系列的に箇条書きする。
3.損害/被害状況
被害や損害がある場合、詳細にきさいする。まだ、最終の金額が未確定の場合でも、概算で記載。
金銭的被害以外にも、他社への信用/心証、社会的影響、顧客への信頼など、定量化できない被害/損害についても言及する。
4.ΟΟの原因/責任の所在
本件は、事後の調査により、ΟΟが原因と結論付けた。
当事者からの聞き取りと独自調査でΟΟの事実が判明した。
原因が複数ある場合、箇条書きする。
以上のことより、ΟΟの何々に原因があり、ΟΟの相手方/担当者/管理/責任者に(違反行為/職務怠慢/管理不行き届き/不注意等々)があったと考えられる。又は、結論付けた。 5.今後の対策/調査にあたっての所見
ΟΟが再発しないように、ΟΟを徹底する必要がある。
ΟΟをおこなうこで、今回のОΟОと同様のトラブルは発生しないと考えれあれる。
ОΟОを早急に整備することで今後このようなトラブルを撲滅できると考える。
複数の場合、箇条書き
調査にあたり、このようなケースの場合、当社としての危機管理マニュアルの必要性を痛感した。
本件の調査のため、複数の関係者の証言を聴取して、社内におけるモラルが著しく低下していると感じた。
本件の調査を終え、企業の社会的責任の重さを痛感し、全社的なガバナンス(企業統治)/コンプライアンス(法令順守)の体制強化が必要であると考える。
6.添付資料
現場写真
復旧/対応/補償の費用(見積書)
聞き取り調査票/アンケート回答
参考とした文献の写し
など、資料として後日その内容を確認しやすくするために必要なもの全て 。

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

顛末書の書き方

顛末書とは、事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録した書面である。
 
 顛末書は、基本的に事後その内容が明確になった時点でその詳細を客観的な立場の第三者(当事者以外)が、その事実と原因や責任の所在などを報告する目的で書かれる。ただし、会社によっては慣例として、事件や事故、トラブル、不祥事の報告を全て顛末書とするところもある。
 
本来は、当事者が途中経過やその反省の意味を込めた書くのは、顛末書とせず、経過報告書又は単に報告書(担当者として事実を会社に伝える)、理由書(当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある)、反省文(当事者に軽微な責任あり)、始末書(当事者に重大な責任あり)などとすべきでしょう。
 
顛末書には、文字通り事の始めから終わりまでの経緯を書く必要がある。
項目としては、
1)・・・の経緯/状況
2)・・・事後の経緯
3)・・・結果としての被害/損害/問題など
4)責任の所在や加害者/責任者/への損害賠償請求などの対応策
5)所見/結論(今後の対策案)
などを記載します。
 
顛末書は、経営幹部や管理者が処分や対策を決定する最も信頼できる報告書と心得て、公平で正確な内容にするのが求められます。 また、その経験を後に残す貴重な資料となることを考慮して、写真や書類など添付すうのがよいでしょう。

Posted: 2007 - Updated: 9/11/2007

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について