文例集HOME> 取引文書> 依頼状> 依頼状(見積依頼)

依頼状(見積依頼)文例と書き方

依頼状(見積依頼)の文例

依頼状(見積依頼)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
営業部 ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社○○商事
ΟΟ部 ΟООΟ 印
電話***-****-****

見積送付と納期短縮のお願い

拝啓 
時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
日頃は、格別のご協力をいただきありがとうございます。
早速ではありますが、別紙(又は下記)のとおり、お見積もりをお願いいたします。 この度は、急な案件のため、標準納期を可能な限り短縮しての納入となります。
つきましては、可能納期のご連絡も含めて、至急お見積書をご送付ください。 毎々無理ばかり申しまして恐縮でございませんが、何卒ご配慮の程よろしくお願いします 。

敬具


 
 
 
 
 
 
カスタム検索

依頼状文例と書き方

各種依頼状の文例と書き方一覧と 依頼状関連コンテンツです。

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。