お中元お礼(顧問先宛) お礼メール 文例

お中元お礼(顧問先宛) お礼メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

お中元 お礼メール 文例(顧問先宛)


件名:(お中元ありがたく頂戴いたしました/お心遣いありがたく存じます)


株式会社〇〇〇〇
(代表取締役社長/〇〇部) 〇〇〇〇 様
 
〇〇(弁護士/税理士/〇〇)事務所 〇〇です。
 
平素は、格別の(ご交誼/ご高配/ご厚情)を賜り(厚くお礼/深く感謝)申し上げます。
 
この度はご過分なお言葉と(結構な/ご丁寧に)お中元の品をご恵贈いただき、(誠にありがたく存じます/心よりお礼申し上げます)。
 
(私/手前)どもこそお世話になっておりますのに、このようにお心遣いを賜り、誠に恐縮いたしております。
 
私どもは貴社のお役にたつよう一層の努力してまいる所存でありますので、今後とも(ご交誼/ご厚情/ご愛顧)を賜りますようお願い申し上げます。
 
(猛暑の折/時節柄)、(貴社ご一同様/〇〇様/貴社の皆様方)(のご活躍とご健康をお祈りいたします。/には(くれぐれもご自愛くださいませ/身体に気を付てお過ごしください)。
 
(誠に略儀ながら/メールで失礼とは存じますが/取り急ぎ)、お中元のお礼方々暑中のご機嫌伺いを申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

お中元 お礼メール 文例(顧問先宛)


件名:(お中元ありがたく頂戴いたしました/お心遣いありがたく存じます)


株式会社〇〇〇〇
(代表取締役社長/〇〇部) 〇〇〇〇 様
 
〇〇(弁護士/税理士/〇〇)事務所 〇〇です。
 
平素は、格別の(ご交誼/ご高配/ご厚情)を賜り(厚くお礼/深く感謝)申し上げます。
 
この度は、結構なお中元の品を(お贈りいただき、ありがたく存じます/ご恵贈いただき、ありがたく拝受いたしました)。
または
日頃(より、至らぬことばかりの私どもに/は、ご無理ばかり申しておりますのに)、過分なご厚志を賜り、心よりお礼申し上げます。
 
今後とも(倍旧の/末長く)(ご交誼/ご厚情/ご愛顧)を賜りますようお願い申し上げます。
 
〇〇地方は、節電を呼びかけているようですが、(貴社ご一同様/〇〇様/貴社の皆様方)には、くれぐれも無理をなさらずお過ごしください。
 
(誠に略儀ながら/メールで失礼とは存じますが/取り急ぎ)、お中元のお礼方々暑中のご機嫌伺いを申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項