お中元お礼(知人宛) お礼メール 文例

お中元お礼(知人宛) お礼メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

お中元 お礼メール 文例(知人宛)


件名:(お中元ありがとうございました)


〇〇〇〇 (様/さん)
 
〇〇の〇〇です。
 
〇〇様にはお元気にされているとのことで、何よりに存じます。
 
(先日/この度)は、(心のこもったお中元の品/(素敵/結構)なお品)(と暑中お見舞いを/をお贈り)いただいき、ありがとうございました。
 
(私は/私どもは/こちらは/家族ともども)、(お陰様で/暑さにも負けず/何とか)(元気にしております/変わりなく過ごしております/二人で穏やかに過ごしてます/暑いなかでも毎日〇〇に励み、元気に過ごしています)。
 
(皆様/〇〇様をはじめご家族の皆様方)には、(くれぐれもご自愛くださいませ/お身体お気を付けください。
 
まずは、お礼まで。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

お中元 お礼メール 文例(知人宛)


件名:(結構な品をいただきありがとうございました/暑いですがいかがお過ごしですか)


〇〇〇〇 (様/さん)
 
〇〇の〇〇です。
 
(暑い日が続きますが/梅雨が明けとともに本格的な夏となりますしが/(〇〇様方/〇〇様をはじめご家族の皆様には)、(お変わりありません/(お元気に/いかが)お過ごし)(でしょうか/ですか)。
 
この度は、(ご過分なお中元/結構なお品)を頂戴いたし、心よりお礼申し上げます。
 
(私/私ども)こそ〇〇様にはお世話になってておりますのに、(このような/いつも)お心遣いを賜り、恐縮するばかりです。
 
〇頃に(そちら/〇〇)へ(お伺いすることができればと思っております/行こうと思っております)ので、(お会いできれば幸いに存じます/また近くなりましたらご連絡さし上げます)。
または
〇〇様には、今後も変わらぬ(ご交誼を/ご厚情を賜りますよう)お願い申し上げます。
 
〇〇地方は、節電を呼びかけているようですが、くれぐれも無理はなさいませんよう(お願いします/お気を付けください)。
 
(取り急ぎ/(略儀/不躾)ながら)、お礼方々暑中のご機嫌伺いを申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項