文例集HOME> ビジネス文書> 借用書/借用証書(お金)・金銭消費貸借契約書

書式>借用書(お金)・金銭消費貸借契約書文例と書き方

簡易版金銭消費貸借契約書文例

金銭消費貸借契約書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

金銭消費貸借契約書

貸主       を甲、借主       を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条  甲は乙に対し、本日、金     万円を貸付け、乙はこれを借受けて受領した。
第2条  乙は甲に対し、前条の借入金      円を平成  年  月  日限り、甲の住所に持参し、又は甲の指定する銀行口座に送金して支払うこと。
上記の金銭消費貸借契約を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙署名捺印の上、各々1通を所持する 。

平成Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印

カスタム検索

連帯保証人なし金銭消費貸借契約書文例

金銭消費貸借契約書

貸主      を甲、借主       を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条  甲は、乙に対し、金     万円を以下の約定で貸付け、乙は、これを借受け、受領した。
第2条  乙は、甲に対し、前条の借入金   万円を、平成  年  月から平成  年  月まで毎月  日限り、金   万円を  回の分割で、甲に持参又は甲の指定する銀行口座に送金して支払う。
第3条  本件貸金の利息は、前月支払い後の残金に対する年  パーセントの割合とし、乙は、毎月  日限り当月分を甲方に持参又は送金して支払う。
第4条  乙は、次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
@ 第2条の分割金又は第3条の利息を、2回以上連続で支払わないとき。
A 他の債務につき仮差押、仮処分又は強制執行を受けたとき。
B 他の債権につき債務整理又は破産、再生手続開始の申立を受けたとき。
C 乙が、甲に通知なくして住所を変更したとき。
D その他本契約の条項に違反したとき。
第5条  期限後又は期限の利益を喪失したときは、以後完済に至るまで、乙は、甲に対し、残元金に対する年  パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
第6条 本契約から発生する紛争の第一審の管轄裁判所は、甲の住所地を管轄する裁判所とする。
上記の通り甲乙間に消費貸借契約が成立したことの証しとして、本契約書2通を作成し、甲乙が署名押印の上、各1通ずつを保持する 。

平成Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印

連帯保証人あり金銭消費貸借契約書文例

金銭消費貸借契約書

貸主      を甲、借主       を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

貸主      を甲、借主       を乙、乙の連帯保証人        を丙として、甲乙丙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条  甲は、乙に対し、金     万円を以下の約定で貸付け、乙は、これを借受け、受領した。
第2条  乙は、甲に対し、前条の借入金   万円を、平成  年  月から平成  年  月まで毎月  日限り、金   万円を  回の分割で、甲に持参又は甲の指定する銀行口座に送金して支払う。
第3条  本件貸金の利息は、前月支払い後の残金に対する年  パーセントの割合とし、乙は、毎月  日限り当月分を甲方に持参又は送金して支払う。
第4条  乙は、次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
@ 第2条の分割金又は第3条の利息を、2回以上連続で支払わないとき。
A 他の債務につき仮差押、仮処分又は強制執行を受けたとき。
B 他の債権につき債務整理又は破産、再生手続開始の申立を受けたとき。
C 乙が、甲に通知なくして住所を変更したとき。
D その他本契約の条項に違反したとき。
第5条  期限後又は期限の利益を喪失したときは、以後完済に至るまで、乙は、甲に対し、残元金に対する年  パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
第6条  丙は、乙に連帯して以上の条項の履行をなすものとする。
第7条 本契約から発生する紛争の第一審の管轄裁判所は、甲の住所地を管轄する裁判所とする。
上記の通り甲乙丙間に消費貸借契約が成立したことの証しとして、本契約書3通を作成し、甲乙丙各自署名押印の上、各1通ずつを保持する 。

平成Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印
 連帯保証人(丙) 住所           
            氏名          印

金銭消費貸借契約書とは

金銭消費貸借契約書とは、お金の貸し借りを規定した契約書です。一般には借用書と呼ばれますが、正式には金銭消費貸借契約書です。
 
金銭消費貸借契約書は、文字どうりお金の貸し借りを目的といていますが、支払いがない場合は不動産や動産(自動車や絵画・骨董)を差入れるなどの条件をつけてもかましません。
金銭消費貸借契約書には、最低でも以下のことを記載します。
 1)貸主、借主、連帯保証人の氏名・住所の明示
 2)現実に貸付た金額
 3)返済時期、(分割なら毎月月末など、明確な定める)
 4)返済方法(銀行送金か現金持参か)
 5)利息は年率で何%か
 6)遅延時の規定
 7)貸主、借主、連帯保証人の署名・捺印
 
 以上は、最低限の記載事項であり、他に連帯保証人、抵当権の設定、強制執行認諾条項付公正証書作成の承認等必要であれば記載します。

Posted: 2005 - Updated: 12/30/2006

借用書/金銭消費貸借文例と書き方

各種借用書/金銭消費貸借の文例と書き方一覧と借用書/金銭消費貸借関連コンテンツです。

借用書/金銭消費貸借文例一覧

関連文例&コンテンツ

7月季節/時候の挨拶と季節の文例

7月時候の挨拶(詳しくは:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
梅雨が明けたと思うと、・・/今年の暑さはまた格別です・・/冷えた(ビール/スイカ)がひときわ美味しいこの頃・・
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
7月を感じる言葉
季節の語-海開き/ほおずき市/七夕祭り/盂蘭盆/夏休み
草木-朝顔/百日草/すいれん/はまゆり/夕顔/夏菊
 
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2015/7/7)と大暑(2015/7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2015/8/8)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2015/8/23)までに送ります。
 
7月_季節の文例
1.役員就任_挨拶状
2.クールビズ時の服装
3.省エネの徹底-夏
4.採用内定通知
5.不採用通知書
6.採用試験_案内
7.入社承諾書
8.暑中見舞
9.社内販売回覧
10.お中元関連
11.贈答品_稟議書/起案書
12.夏期休業/休暇案内
ページの先頭へ戻る
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map