借用証書/準消費貸借契約書 書式/文例/例文と書き方

借用証書/準消費貸借契約書 書式/文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

借用証書/準消費貸借契約書文例(簡易版)

準金銭消費貸借契約書

貸主       を甲、借主       を乙として、甲乙は、次のとおり準消費貸借契約を締結した。

第1条  乙は、令和Ο年Ο月Ο日甲より、絵画(ΟΟ作 題ΟΟ Ο号)をΟΟ万円で購入し、代金の一部であるΟΟ万円を支払っているが、乙は、甲に対し令和Ο年Ο月Ο日現在において金ΟΟ万円の支払うべき残金があることを確認した。

第2条  甲および乙は、乙の甲に対する前条の債務を消費貸借とすることに合意する。

第3条  乙は甲に対し、前条の債務の弁済として、金      円を令和  年  月  日限り、甲の住所に持参し、又は甲の指定する銀行口座に送金して支払うこと。

第4条  甲と乙の間には、上記以外何らの債権、債務のないことを確認する。

上記の契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙署名捺印の上、各々1通を所持する 。

令和Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

借用証書/準消費貸借契約書文例(連帯保証人なし) ▼

借用証書/準消費貸借契約書文例(連帯保証人あり) ▼

準消費貸借とは ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項