内容証明 文例,例文,書き方

内容証明 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

内容証明とは

内容証明とは、正式には「内容証明郵便」といいます。
内容証明の本来の役割は、誰に対していつ、どのような内容の手紙を出したのかを証明することです。それには、特に法的な意味や役割はありません。
しかし、法律が何かの行為を行う際、通知を義務付けていることがあります。そのような場合、口頭や電話、メールなどで通知しても争いになって相手が聞いていないとか、そんなの受け取った覚えがないなど言えば、たちまち情勢は不利となります。そのような言い逃れをさせない手段として、この内容証明郵便が利用されるのです。
内容証明郵便で証明できること
1)内容証明が届いた日付の証明
だだし、これには、内容証明郵便は別のサービスである配達証明を付けないといけません。一般的な内容証明郵便を出すときは、配達証明付きと局員に伝えてください。大概、何も言わなかったら局員が質問すると思います。
2)手紙に記載された内容の証明
内容証明を出すときには、相手が1人の場合、3通の手紙を郵便局に持参します。その内の1通は、決められた期間郵便局に保管されます。よって、当事者の改変が不可能な状態で投函時の手紙の内容を中立な第三者が証明できるのです。また、当事者がその手紙を紛失しても手紙の内容を証明できます。
内容証明の効果
1)内容証明郵便の本来的効果、つまり、手紙の到達とその内容の証明する効果です。
2)内容証明郵便のもつ心理的圧力の効果も期待できます。一般の方は、このような仰々しい郵便が届くと驚きます。これが、弁護士が代理人として出したものなら尚更です。この効果により、相手に素早いリアクションを促せるのです。
3)明確な意思表示の効果。面談しての会話では、相手や自身も曖昧な言葉になり明確な意思表示ができない場合があります。また、後で「言った」「言わない」の水掛け論を避けるためにも文書化するのが効果的です。

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

内容証明郵便での注意事項▼

内容証明郵便の利用例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項