預り証文例と書き方

預り証の書き方のポイント

預り証文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
 預り証とは、他者の所有物や金銭を何らかの理由で一時的に占有、保管する際、その証として受託する者が差し入れる書面です。
 
預り証には、
 
1)単純に一時的に保管すること目的として、備忘的預り証
2)輸送や運搬などのを目的とした、送り状を兼ねた預り証
3)金銭の積立を目的とした、領収書的預り証
4)何らかの条件が整うまでの担保の意味合いをもたせた預り証
などがあります。
 
また、預かっている間の占有物の取扱いについて
 
1)倉庫、金庫のようにその物をそのまま保管
2)相手へのお届けなど最終的に預かった相手に返さない預り証
3)条件の成就の時のみ預かった相手に返す預り証
4)占有や利用を伴う使用貸借契約的預り証
 
など分類される。
 
基本的に預り証は、預かった品を返却するのと同時に差し入れられた預り証 を相手から返してもらうか、預かった物を受け取った受領証をもらかします。 運搬目的の場合は、届け先の受領証がその代わりとなります。
以上のように預り証には、様々な種類があり、複雑なものもありますので、 作成には細心の注意を払うよう心がけましょう。
 
預り証の印紙貼付については、金銭や有価証券等の預かりは印紙貼付となり、物品や資料だけの預り証は印紙は必要ないというのが原則です。 但し、物品であっても修理の依頼や輸送等で物品を受け取り、当然に修理や輸送という役務提供を伴う場合は、その請負金額または役務への対価にかかる印紙を貼付しなければならない場合もあります。
その判断が難しい場合は、税務署又は税理士に確認することとをお勧めします。
 

Posted: 2007 - Updated: 9/05/2007


10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について