文例集HOME> ビジネス文書> 見積書> 見積書

見積書文例と書き方

見積書の書き方のポイント

見積書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
見積書とは、販売を目的として商品やサービス、役務提供の価格または料金をあらかじめ算出し、相手に提示するための書面です。
 
見積書には次の項目を記載します。
 
1)宛名
省略を避けて正式名称で記載、会社宛ての場合○○○○御中、個人宛ての場合はフルネーム様
2)提出日付
見積もり書を相手に提示した(する)年月日を必ず記載
3)見積もり金額
見積もり合計金額は消費税を含む総額で記載し、消費税は(内消費税¥00000)と書くのが一般的である。
4)発行者と押印
発行者の会社名、代表者氏名、住所等とその印字部に少しかかる位置に社印などで押印するとともに作成者の部署、氏名、押印をする。上司の承認を受けて提出するルールのある場合は、承認印又は照査印として上司も押印する。
5)見積書の有効期限
提出した見積書の金額で契約することが可能な期限のことで、見積提出日より(○ヶ月/○週間)などと記載する。
5)納品場所
貴社ご指定場所/貴社○○○工場などと記載する。
6)納期
貴社ご指定の期日/受注後(○ヶ月/○週間/○日)と記載する。
7)引渡し方法
引渡しする物品が大量であったり/大きい/設置に時間がかかるなどの場合に運送料などの納入にかかる経費は負担するが、 搬入や設置などにかかる経費は受取者側に負担してもらう引渡し方法のことを「軒先渡し」と記載することがある。
8)見積もり明細
品名、数量、単位(個/式/m/Kgなど)、単価、金額、備考(仕様)などが一般的に記載する項目で商品によってはこの他の項目を追加する。
値引きをする場合は、明細金額は定価で記載して最後に一括で値引き(出精値引/数量値引/特別値引など)と書いて(▲/-)000000円と記載する方法がよくとられる。

Posted: 2009 - Updated: 18/06/2009

カスタム検索

見積書文例と書き方

各種見積書の文例と書き方一覧と見積書関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶と季節の文例

6月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
6月を感じる言葉
季節の語-梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月を感じる言葉
-季節の語-
梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
-草木-
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月_季節の文例
1.クールビズ時の服装
2.省エネの徹底-夏
3.父の日_送り状
4.お中元関連
5.社長就任_挨拶状
6.議事録_代表取締役等選任
7.株主総会_委任状
8.役員就任_挨拶状
9.採用内定通知
10.不採用通知書
11.採用試験_案内