注文書 文例

注文書又は発注書 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

注文書の書き方

注文書又は発注書とは、商品やサービス購入の意思表示をする書面です。
特に購入の条件が単純な場合や基本契約があるなどに利用されます。購入金額が高額で条件が複雑な場合、正式な売買/請負などの契約書を交わすのが良いでしょう。
また、請負や受注生産などの注文書又は発注書は、受注した側は「注文請書」「工事請書」又は単に「請書」に記名、捺印して渡すことで契約が成立します。
注文書と発注書は基本的に同じですが、会社によって呼び方が異なります。一般的に、注文書が多く使用されますが、工事やソフト開発など特注品や単品物の場合、発注書とする場合が多いようです。
基本的に注文書/発注書は、物品やサービスの購入の意思表示(契約の成立)を目的としていますので、会社の代表者の氏名、会社の印を押すのが正式ですが、会社によっては発注権限がある人の記名、捺印のみの場合も多くみられます。
 
記載すべき事項
1)注文する相手の会社名「〇〇〇〇 御中」とする。
2)注文者名 会社名、代表者(又は、権限あるもの氏名と役職)住所、電話
3)注文日
4)注文書番号
5)品名とその員数
6)金額(価格が決定している場合)
7)仕様やオプションなどの指示
8)納期
9)納品場所と方法
10)支払い条件
11)収入印紙(実質的に請負契約書となる場合など必要)

Posted: 2007 - Updated: 9/19/2007

関連文例一覧

注文書 文例

収入印紙 (場合による)

注文番号 0000000000

株式会社 〇〇〇〇〇 御中
個人宛ての場合、
〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
株式会社 〇〇〇〇〇〇 社印
住所 〇〇〇〇〇〇 
役職 〇〇〇〇〇〇 
氏名 〇〇〇〇〇〇 
電話   00-000-0000
FAX   00-000-0000

注文書

<書き出し>
拝啓 〇〇の候、貴社におかれましては(益々/いよいよ)ご(繁栄/清栄)のこととお慶び申し上げます。
平素、お世話になっております。
など
<本文>
さて、先般いただきました貴社(お見積もり/カタログ)(見積もり番号/カタログナンバー)により、 下記の通り注文いたします。
お手配の方よろしくお願いいたします。
<結び>
本件に関しては、〇〇〇〇にお問い合わせください。
なお、最短納期をご回答をお願いします。
など

(拝啓で始めた場合)敬 具

1.注文品一覧(品名、金額、数量等)
1)〇〇〇〇〇 〇式(個) @0000  ¥000000
2)〇〇〇〇〇 〇式(個) @0000  ¥000000

2.納期
3.納品場所
4.仕様他

以 上

見積書による注文書 文例

株式会社 〇〇商事 御中

注文No. SO19T-00101 号
令和  年  月  日
株式会社 〇〇企画
総務部 〇〇〇〇  印
TEL 00-000-0000
FAX 00-000-0000

注文書

拝啓 〇〇の候、貴社におかれましては(益々/いよいよ)ご(繁栄/清栄)のこととお慶び申し上げます。
さて、先般いただきました見積書(MT-19000325)により、下記の通り注文いたします。 よろしくお取り計らい願います。
なお、納期、仕様等に不都合がありましたら小職までご連絡ください 。

敬 具

 1.品  名  キャビネット(CN-1800-XL-G)
 2.数  量  2式
 3.単  価  52,500円
 4.総  額  105,000円
 5.納  期  令和〇年〇月〇日
 6.納入場所  東京都〇〇区〇〇1-1-1 〇〇ビル3F
        株式会社 〇〇企画 本社

以 上

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

カタログによる注文書 文例 ▲

新規取引による注文書 文例 ▲

追加注文による注文書 文例 ▲

注文変更時の注文書 文例 ▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項